*

授業紹介「バイオ生命学」(生物基礎)

公開日: : 授業紹介

今回は、りら創造芸術高等学校の一般教養授業を紹介します。

生物基礎の単元。通称「バイオ生命学」

蛍は何故光るのか?紅葉の仕組みってどうなってるの?竹の花をみたことがある?

りらの周りには自然科学を考える沢山のきっかけがあります。
一つの対象の見方を変えるだけで勉強は楽しくなる!

この授業は、じぶんの好奇心を発見する機会にしたいと、校外学習に出かけることも多くあります。

この時期、真国地区を車で走っていると、山にある竹があちらこちらで茶色く変色しているのが目に入ります。

松竹梅の由来ともなったように竹は常緑であることが知られていますが、春のひと時「竹の秋」と呼ばれる黄葉を起こします。(写真右上)

この時、既に葉の付け根から新しい芽が出ているため竹は常緑なのです。

 

今週の授業では、この「竹」を学ぶための導入に竹林見学と竹の子ほりを行いました。

 

DCIM101GOPROG0084574.

この授業の先生は、地域に住むおじいさん。

丁寧に、竹の種類や食べ方について教えてくださいました。

IMG_4479

この校外授業にはレポート課題が出ているので、生徒たちはしっかり聞き取りをしています。

IMG_4486

 

裏山にある竹林に向かいます。

80代のおじいさんも「足を悪くしたから」といいながらも、私たちよりしっかりした足取りで進みます。

IMG_4497

きれいに下草を刈られた竹林に少しだけ頭を出している竹の子をほります。

 

IMG_4501

いのししは、竹の子がまだ土の中にある冬の時期に匂いでかぎわけて竹の子を食べるそうです。

意外と知られていませんが収穫直後の竹の子はあくが少なく、そのまま焼いても食べることができるそうです。

意外と野生動物のほうが私たち人間よりも食通なのかもしれません。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

地域デザイン授業記録

地域デザイン【念願の椎茸収穫】

授業「地域デザイン」の特別授業(和歌山県女性林研が毎年開講してくださっています)で植付けてい

記事を読む

授業【地域デザイン】地域づくりプランナー高橋寛治先生来校

地域づくりプランナー高橋寛治先生が本校の授業「地域デザイン」を見学に来てくださいました。

記事を読む

実物大105cm望遠鏡模型製作日記 第2話

どうも、研究プロジェクトです。「模型製作日記」を担当していきます、A.Iです。 今回は

記事を読む

ついに本番!!

猛暑から一転、過ごしやすい気温に落ち着きましたね。いかがお過ごしでしょうか。 りらでは、進路決定の

記事を読む

ジオパークな授業「甌穴探求」

今日は久しぶりの秋晴れに恵まれ、気持ちの良い青空が広がっていました。 こんな日の教養授業では、

記事を読む

授業紹介コラム~『プロジェクト音楽』~

こんにちは。10期生の山下です。 今回は私達りら生が受けている授業の紹介をしたいと思います! ま

記事を読む

no image

清水興先生特別授業

2月17日、音楽表現の授業で特別授業がありました。 本日の先生はフュージョンバンド「 NAN

記事を読む

プロジェクト美術による校門のモルタル造形作品

2021年の年明けからプロジェクト美術では、モルタル造形作家の眞砂先生ご指導の下、校門の一部のリノ

記事を読む

葡萄櫨の原木3Dスキャン

2019年12月6日、授業地域デザインで抹消天然記念物「葡萄櫨の原木」のフォトグラメトリによる3D

記事を読む

授業紹介 体育(スポーツ)

体育の授業は、大きく「ダンス」と「スポーツ」に分かれて授業を行っています。 「スポーツ」の授業では

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第42回近畿高等学校総合文化祭郷土芸能部門に出場!

2022年11月27日(日)、有田市民会館紀文ホールで開催された第

第42回近畿高等学校総合文化祭開会式に出演

2022年11月19日(土)、和歌山県民文化会館大ホールで第42回近

2022年度中学校公演が始まりました!

昨年度に引き続き、今年度も計5校の中学校の文化行事・文化鑑賞教室にお

第5回りらシアター 閉幕

2022年11月5日(土)第5回りらシアターが無事閉幕いたしました!

りらのマフィンにミニサイズができました!

写真のお皿に乗っている左側が、これまで販売していたサイズ。右

→もっと見る

PAGE TOP ↑