*

『ここはふるさと 旅するラジオ80ちゃん号』の公開生放送 !

公開日: : 公演, 最新情報

こんにちは!三年生のK.Iです!!昨日に続き今日は心地よくすごしやすい気温ですね。

 

2月24日12:30〜12:55になんとなんと!!NHKラジオの全国放送にりら創造芸術高等専修学校が出演しました!!!

番組名は『ここはふるさと 旅するラジオ80ちゃん号』
(この番組は全国各地のふるさとをラジオカー「80ちゃん号」がまわり、地域のやる気・元気・本気を公開生放送しています。)
内容はえぷろんずの発表や御田の舞、納豆研究の発表など
地域と芸術学校りらの魅力がたっぷり詰まったラジオとなりました。
当日は沢山の方が公開生放送を見に来てくださいました!

まずはアナウンサーの辻さんと、いつもお世話になっている地元の森谷さんから、和歌山・紀美野町の魅力の紹介から始まりました。

生徒のみんなは、生放送で胸がドキドキ!緊張しながらのトークで貴重な体験が出来ました。

IMG_9883

 

次に真国御田の舞「真国御田春鍬規式(まくにおんたはるくわきしき)」の練習を聞いていただきました。

真国御田の舞は、600年続く伝統芸能で、毎年旧暦の正月7日に真国丹生神社に奉納しています。

地域の高齢化に伴い伝承が途絶えていたところをお世話になった地域への恩返しの意味をこめて、りらの一期生が卒業研究で復活させました。

その後も伝承は続き、さらに古い台本を調査研究する生徒活動が、地域外からも高い評価を得ています。

 

IMG_6529IMG_6514

 

そしてえぷろんずからは、「田んぼでお米を作りましょ」(ここからPVが見ることができます)

「自転車に乗って」の二曲を生放送で披露、

「えぷろんず」はラジオで日本全国、&世界デビューです!!!

IMG_6563IMG_6597

 

そして地域研究「真国川流域に伝わる納豆調査」の紹介

納豆研究の発表では、真国川流域に伝わる納豆を発見した授業『地域デザイン』の活動についてご紹介しました!

金曜日の3・4限目にあるこの授業では、地域への聞き取り調査(フィールドワーク)を行い、その中で見つけたものに反応し、より調査を進め、デザインして発信する授業です。

受講している生徒は、地域のおじいちゃんおばあちゃんとお話しできることを毎週とても楽しみにしています。

今取り組んでいる納豆研究では、新聞等の取材を受けたり、大学での論文発表をする機会をいただきました。

私たちは、それを地域のみなさんに伝え、喜んでくださった笑顔を見ることで一番喜びを感じます。
納豆以外でも、調査したいものをたくさん見つけたので、これからも様々な地域の文化を発掘してデザインしていけたらと思っています!

たくさんの大学の先生にお世話になりながら進めるこの授業のコメントは、和歌山大学の鈴木先生がくださいました。


和歌山大学鈴木先生のインタビュー内容

Q:関西はあまり納豆を食べない地域とされていますが、生徒たちが納豆の研究をすることにどんな意義があるとお考えですか?
A:私自身もこの地域で納豆が食べられていることを知りませんでした。

県内でも納豆を作って食べるということが一般的にはないと思うんです。また食べられている事実も広く語られてこなかった。そういった中で高校生たちが納豆食文化がここにあることを発掘したという事が優れたことだと思います。どうして納豆がこの地域に伝承されてきたのか。学術的、民俗学的に今後研究のテーマになるんじゃないかと私は思っています。

Q:『学校と地域との結びつき。』この学校はそれを非常に大切にしていますが、そういった視点からこの研究にはどういった意義がありますか?

A:今1番大切な部分をこの学校では行っているかと思います。それは地域に寄り添うということ。そういった教育がこの場所で行われている。その中から様々な地域と学校の関わりが生まれていると思うんです。その1つが御田でありまた、納豆であると思います。ここ真国は人口が大変減っている地域です。そういった中で地域の人と高校生たちが共に価値を再発見している。そういったところが優れたところだと思います。さきほど生徒さんのいたビューで、どうして納豆文化を芸術学校で扱うのかというお話がありましたが、私は食はアートにつながると思うのです。芸術について学んでいる高校生だからこそ、大変鋭い感性で観察していると思うのです。そういった感性でこれからもこの地域に眠るたくさんの宝を掘り起こしていってくれると思います。

Q:これは地域の活性化にものすごく貢献できるのではないでしょうか?

A:そもそもこの「りら」という学校が、この地域に誕生したということが活性化となっていますし、地域のもつ内発力を引き出し、さらにはIターンの人たちを引き付けている。そういった魅力をこの学校がもって、新しいコミュニティの拠点になっているところが大変優れたところだと思います。

今後、地域づくりを考える上でのモデルになっているとも思います。


 

 

IMG_6569

最後は参加者に参加賞が!!りらの生徒は大喜び。

IMG_9965

 

 

 



 そして今回の放送の生徒代表をした1年生のT.Mさんの感想です。


 

今回の『ここはふるさと 旅するラジオ80ちゃん号』を通じて、りらや紀美野町の存在を知らなかった日本中、世界中の人たちに紀美野やりらの存在を知ってもらうことが出来、番組終了後には電話等で全国から問い合わせがありました。

今回の放送で、自分の知らないところで紀美野やりらを沢山の人に知ってもらえたのが嬉しかったです。

今回大変なこともありましたが、明日真国丹生神社にて行われる奉納御田の舞「真国御田春鍬規式(まくにおんたはるくわきしき)」や2月28日に開催される1年間の集大成のイベント「後期総合授業発表会」に活かしていきたいと思いました。

私は演出家になることが夢なので、プロのディレクターの方やアナウンサーの方の番組作りを体験出来たことは本当に勉強になりました。

ありがとうございました。

 



 

 

\生放送聞いてくださった方 ありがとうございましたー!!!!/

IMG_9948

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

夏休みの放送局実習!!

さる8月22日、和歌山県湯浅にある「FMマザーシップ(88.9MHz)」に、 有志生徒で実習に行きま

記事を読む

no image

高野山・町石道を歩く。

木曜日(11月15日)は、 朝から高野山の町石道を全員で歩きました。 町石道は、ふもとの慈尊院から金

記事を読む

IMG_4153

真国丹生神社で奉納、真国御田の舞がありました!

こんにちは! 10期生山下です。 2月2日(木)に学校から歩いて5分ほどの所にある、真国丹生

記事を読む

no image

危険ドラッグ防止演劇 一般公開学内公演 1月30日 & 2月6日

来る1月30日と2月6日の2日演劇作品「分岐点~もしも危険ドラッグを使ったら~」を本校を会場に

記事を読む

IMG_2130

27年度「ほたるナイト」無事終了しました!

こんにちは!2年生(8期生)のC.Aです。 6月13日(土)に、「ほたるナイト~夢のつどい~」

記事を読む

IMG_0023_2

生徒公演 内閣府「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」歓迎会出演

2015年3月3日和歌山市内のホテルにて、内閣府「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」参加者の歓

記事を読む

「~本番前日リハーサルの様子~」

いよいよ、本番前日となりました。 生徒は舞台の準備から、販売する「りらのぷりん」などの製作をはじめ

記事を読む

IMG_9277 - コピー

第6回卒業式

皆さんこんにちは、1年生のI.Rです。 平成27年3月15日(日)に『第6回卒業式』が行われ、

記事を読む

平成25年度 「後期総合発表会」 終了!

3月2日(日)、「後期総合発表会」が終了しました。 当日は、たくさんのお客様が見に来て下さいました

記事を読む

実物大105センチ望遠鏡ブログ表題

実物大105cm望遠鏡模型製作日記 第2話

どうも、研究プロジェクトです。「模型製作日記」を担当していきます、A.Iです。 今回は

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
IMG_9247
サマースクール1日目

サマースクール1日目が終了したのでご報告します。  

地域デザインブログ用イメージ
テレビ取材 ブドウ櫨

授業地域デザインでは、京和ろうそくの原材料になるブドウ櫨につい

地域デザインブログ用イメージ
地域デザイン 高大連携合同ゼミナール

りら創造芸術高等学校の選択授業「地域デザイン」受講生と、和歌山

IMG_9972
今週末はりらフェスです ~演目見せ~

こんにちは!11期生のS.Kです。 7月6日にりらフェスの演目見せが

地域デザインブログ用イメージ
地域デザイン 地域フィールドワーク 志賀野ベース写真展見学&和紙工房あせりな見学

今回の地域デザインの授業は、「志賀野ベース」で開催された写真展

→もっと見る

PAGE TOP ↑