*

特別授業 建築家「広谷 純弘先生」 ベーシスト「清水興先生」

公開日: : 授業紹介, 日常風景, 特別授業

6月6日(木)りらでステキな特別授業が開催されましたのでご報告します。

講師の先生は、和歌山出身で著名な建築家、

本校で特別講師も勤めてくださっている広谷 純弘先生

授業テーマは「つながる建築~人・社会・アート」

先生が手がけられた多くの建築物を紹介頂きながら、

苦労した点や、工夫した点など、

クライアントを通じて社会とつながるアート、

「建築」のお話しをしてくださいました。

 

IMG_1894

初めて聞く業界のお話しに、生徒たちも聞き入っていました。

IMG_1900

本日は、豪華二本立ての授業でした。

続いての授業を担当してくださったのは、

和歌山出身のベーシストで、コブクロを輩出した音楽プロデューサー、本校の特別講師の清水興先生です。

授業テーマは「未来設計図の作り方」

先生の授業は、超絶テクニックのベース演奏から始まりました。

IMG_1932

先生は、医学部に進学した後に音楽業界に転身しています。

その時の志や出会い。

長年ベーシストとして積んできた経験のお話しも聞かせていただきました。

また、超有名アーティスト「コブクロ」を売り出した事でも知られる清水先生から、

コブクロがメジャーデビューするまでの2年間のお話しは、

音楽業界を夢見る生徒たちにとっても、とても参考になる話だったと思います。

 

先生たちの授業を終えて、

生徒から先生に、御礼の意味を込めた舞台を行いました。

IMG_2012

IMG_1991

若い生徒の頑張りに、先生方も拍手を送って下さいました。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

後期総合授業発表会 リハーサル

こんにちは! 2年生のS.Rです。 今日は、今週末の2/26(日)に開催する"後期総合授業発表会

記事を読む

課外授業『撮影実習』 新しい寮の撮影をしました。

本校は、全国から寮を利用して入学する広域制の高校なので、新しい寮は多くの生徒が待ち望んでいま

記事を読む

no image

高大連携ミニシンポ 地域と学校と人づくり

高大連携ミニシンポ「地域と学校と人づくり」が1月25日(金)、 紀美野町美里支所にて行われ、りら生

記事を読む

獅子舞の練習in志賀野丹生神社

9/26 放課後にりら創造芸術高等学校が立地する真国地区のお隣、志賀野地区の神社で獅子舞の練習をして

記事を読む

【速報】体験入学 でみさと天文台にいきました

本日、8月6日は年に一度の宿泊体験入学の日です。 この体験入学は在校生の参加希望者と、全国から

記事を読む

12月20日 高大連携ゼミナールin和歌山大学

2017年12月20日 りら創造芸術高等学校と和歌山大学観光学部による「高大連携ゼミナール」が和歌山

記事を読む

実物大105cm望遠鏡模型製作日記 第2話

どうも、研究プロジェクトです。「模型製作日記」を担当していきます、A.Iです。 今回は

記事を読む

地域デザイン授業記録

地域デザイン【念願の椎茸収穫】

授業「地域デザイン」の特別授業(和歌山県女性林研が毎年開講してくださっています)で植付けてい

記事を読む

明日に迫った入学式!

こんにちは。9期生のS.Rです。 一昨日、4月6日から新学期がスタートしました。 バスがりらに到

記事を読む

授業紹介「バイオ生命学」(生物基礎)

今回は、りら創造芸術高等学校の一般教養授業を紹介します。 生物基礎の単元。通称「バイオ生命学」

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第42回近畿高等学校総合文化祭開会式に出演

2022年11月19日(土)、和歌山県民文化会館大ホールで第42回近

2022年度中学校公演が始まりました!

昨年度に引き続き、今年度も計5校の中学校の文化行事・文化鑑賞教室にお

第5回りらシアター 閉幕

2022年11月5日(土)第5回りらシアターが無事閉幕いたしました!

りらのマフィンにミニサイズができました!

写真のお皿に乗っている左側が、これまで販売していたサイズ。右

ミュージカル「流れる雲よ」の観劇を行いました

9月30日(金)、学校行事としてミュージカル「流れる雲よ」の観劇を

→もっと見る

PAGE TOP ↑