*

高大連携ミニシンポ 地域と学校と人づくり

公開日: : 最終更新日:2019/12/17 地域デザイン授業記録簿, 最新情報, 特別授業, 行事

高大連携ミニシンポ「地域と学校と人づくり」が1月25日(金)、

紀美野町美里支所にて行われ、りら生や町内の高校生、大学関係者、行政関係者、地域住民ら約60名が、地域の次世代を担う人材育成のための機会の創出や、支える環境の大切さについて考えました。

このシンポジウムは、和歌山大学とりら創造芸術高等学校で行っている高大連携プログラム「高大連携ゼミ」がきっかけとなり、和歌山大学と包括協定関係にある紀美野町も共催して、地域の高校と地域に根ざす国立大学、地域住民、行政が人材育成のために、どのような事ができるのか。

をテーマに、全国の先端事例紹介や地域をテーマにした論文発表。今年度、地域の高校生で作った学生団体「1LDK」の活動報告とトークセッションが行われました。

2019.1.25高大連携ミニシンポジウムチラシ小

紀美野町の副町長による挨拶です。

IMG_0139

基調講演では、TVドラマのモデルとなり全国的にも有名な三重県多気町「高校生レストラン」の仕掛人、

皇学院大学教授 岸川政之先生による「地域で育む高校生の可能性」と題した講演を行って頂きました。

先生のお話は、会場の雰囲気をしっかりと意識するために「スーパーフリートーク」形式で行われ、聞き手の高校生たちにも分かりやすいお話しとなっていました。

IMG_0157

先生の授業には以下の二つのルールがあるそうです。

寝ても良い(自由意志で参加する)

手をあげる(主体的に参加する)

その話を聞いて、りらの生徒も手をあげて発言していました。

IMG_0222

生徒たちは地域を本気で考える公務員でもあった先生のお話に大きな刺激を受けていました。

その後、和歌山県の職員で、昨年まで和歌山大学観光学部で地域を研究していた、田村修平さんによる論文の発表がありました。

この論文は、りらの立地する紀美野町と学校の協奏的関係が、文化資本の創造と継承に寄与していることを何十時間にもおよぶ緻密な半構造化インタビューにて調査したもので、学内で優秀賞を受賞し、今回初めて紀美野町で発表することになりました。

田村さんは昨年、りらの授業「地域デザイン」に参加されてこの論文を執筆した御縁で今回発表いただきました。

その後、休憩を挟んで始まった第2部では、りら卒業生のシンガーソングライターの円香さんによるミニライブです。

IMG_0258

実は、円香さんはりらの卒業生で地域デザインの受講者でした。

今回は「私なりの地域デザインの卒業論文です」と言って卒業後作ってくれた楽曲「真国」を歌ってくれました。

最後はトークセッションです。

りら生と山上範子校長、小川裕康副町長、地域住民の森谷泰文さん、大成高校高校生たちが参加。山上校長は「生徒が失敗を恐れず経験できる機会を創出することが大切。周囲の人には、そばにいてやってほしい」、小川副町長は「町民が誇りを持てる町づくりをして、人口減少を抑止していきたい」、森谷さんは「地域に土地活用の新たな仕組みも生まれている。紀美野で暮らしたいという若者がいれば、支えたい」などと述べ、地域の未来を真剣に考えた充実した期間になりました。

IMG_0286

今回のシンポジウムは、真剣に地域づくりに取り組む高校と大学が企画し、地域住民、役場など様々な方々にご協力いただき実現しました。

参加した生徒を始め多くの方々から参加できて良かったと。という声をいただきました。

地域づくりに終わりはありませんが参加した方々にとって考えるきっかけになったのであれば幸いです。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

第3回 最近のりらまとめ

りらの近況と今後の予定をお伝えする、『第3回 最近のりらまとめ』のトピックスは次の通りです。

記事を読む

有田川流域の納豆文化を探せ! 地域デザイン特別課外授業

2016年8月22日(月)から23日(火)の2日間、りら創造芸術高等学校の授業「地域デザイン

記事を読む

後期総合発表会まで、あと1日!~生徒へのメッセージ~

後期総合発表会まであと1日! これまでカウントダウンとともに、学校にある部署がそれぞれ思う後期

記事を読む

【告知】「りらフェスティバル」のオーディションが行われました!

こんにちは!2年生のC.Aです。 昨日は、和歌山では久しぶりに大雨となりましたが、そんな中りらでは

記事を読む

no image

第1回 生徒総合発表会

1年の集大成として、 3月20日に「生徒総合発表会」と題して、授業の発表を行いました。 テーマは「感

記事を読む

地域デザイン【林業特別授業】徳用林産物シイタケ栽培

2018年3月2日金曜日の午後に選択授業「地域デザイン」において、 和歌山県と女性林研のご協力

記事を読む

~ふるさと劇団海南座に出演決定!!~

▼旗揚公演 「ウルシノネイロ。」 ~鳴り止まない海南ロック~ ▼日時:2014年3月8日(土)

記事を読む

「Lyra演劇祭」告知!! 2014年11月15日(土)

「Lyra演劇祭告知!!」 H26,11.15 (SAT) OPEN/13:30  START

記事を読む

no image

明けました

新年、明けましておめでとうございます。 冬休み中は、生徒は学校に来て、演劇の練習や、広報の話し合いの

記事を読む

no image

2月9日 真国御田春鍬規式 奉納

平成23年2月9日(水)14:00~ 真国丹生神社の拝殿において「真国春鍬規式」を1年生~3年生の生

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
キノミノリプロジェクト~愛知県岡崎市の松井本和蝋燭工房へ~

8月2日、愛知県岡崎市にある松井本和蝋燭工房へ見学及び撮影に行きまし

no image
ブドウハゼツアーをしました!

5月に、海南市下津地区と有田市でブドウハゼにまつわる場所を訪問しまし

no image
ブドウハゼに関して雑誌の取材を受けました

4月末、プロジェクトりらファクトリーと授業地域デザインの生徒各数名で

17期生入学式

2023年4月9日(日)、りら創造芸術高等学校で第8回入学式を執り

no image
ブドウハゼのモクロウ PR動画

プロジェクトりらファクトリーでは、2022年4月に海南市にある吉田製

→もっと見る

PAGE TOP ↑