*

平成最後の真国御田春鍬規式 奉納

公開日: : 行事, 課外活動

2019年2月11日建国記念の日は、高野山文化圏の一部で「御田の日」と呼ばれています。

旧暦の正月付近のこの日に、和歌山県が誇る民俗芸能「御田」が各地で開催されるためです。

 

同日開催の県の重要無形文化財「久野原の御田」は、継承が困難になり途絶えることになっています。

昨年は、国の重要無形文化財「杉野原の御田」も継承が止まりました。

 

りら創造芸術高等学校の立地する紀美野町真国地区にも、「真国御田春鍬規式」という御田が残り、りら生が保存活動を行っています。

この御田などの伝統芸能は世界最古ともいわれる能楽の起源の一つとも云われ、稲作を行う古来の人々の生活が物語りと音でつづられた内容になっています。

その言葉は難解で、現在の私たちには十分な理解が出来ませんが、芸術高校としてその保護に強い使命感を感じて継承を続けています。

 

戦前までは地域(真国7地区)で継承されてきましたが、戦争で一旦途絶え、その後の都市化、少子高齢化等によって継承されなくなっていました。

平成になってからは、真国小学校の生徒発表会の中で演じられたり、世界リゾート博などで演じられましたが、真国小学校の休校とともに途絶えていました。

 

りら創造芸術高等学校では、前身のりら創造芸術高等専修学校の1期卒業生の卒業研究として復活され、今年で10回目の奉納となりました。

 

御田とは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国で「田遊び」「お田植え祭り」などとして残る民俗芸能の一種で、

室町時代から500年以上継承され続けていると云われ、

その様子は高校日本史Bの教科書にも掲載されるほど、重要な日本の文化遺産でもあります。

 

この御田、当地では神仏の前で農作業を芸能として演じ、豊作を約束してもらう。

いわゆる予祝儀礼でもあります。

昔から、豊作祈願や子孫繁栄、地域の繋がりの重要なコミュニティーとして継承されてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

御田の奉納は、宮司様による御神事から始まります。

IMG_1256_1

主役の生徒2人が若婿(:福太郎)と、舅(:花賀之丞)にふんして稲作の「種まき」「苗代づくり」「田植え」「稲刈り」「倉入れ」の場面を演じます。

IMG_1392

下の写真は肥えを撒く場面です。今の高校生には伝わりにくいですが、高級肥料=人糞だったため、

昔は会場が沸く場面でもありました。

IMG_1318

早乙女も登場して、唄にあわせて稲刈りの場面を演じます。

 

IMG_1378_1

奉納終了後に、御田をオマージュして創作した「真国神楽」の披露がありました。

IMG_1473

生活や生業から生まれた文化が、創作活動の種となりその中で学ぶことが出来ることは、

とても幸せなことだと感じた10回目の奉納になりました。

 

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

夏休み演劇合宿

りら演劇担当です。 8月の夏休みの間、りらでは3つの演劇合宿がありました。 一つ目は、9日~

記事を読む

no image

植樹祭 毎年各都道府県で行われる全国植樹祭。今年は和歌山県で行われました。 天皇陛下による植樹は昭和

記事を読む

no image

10月12日の薪能本番に向けて出演希望者は特訓中です。 今日は紋付袴を着ての練習(着物はまだ完全では

記事を読む

no image

「第6回 りらフェスティバル」終了!!

7月15日(日)。 「第6回 りらフェスティバル」が無事に終わりました。 今年のりらフェスは本当に

記事を読む

no image

蛍ナイト当日

6月18日に「蛍ナイト」というイベントがありました。このイベントは保護者をお客様として迎える、小

記事を読む

no image

24年度 「総合発表会」 告知

今日02月24日(日)13:30~16:30 に行われる 「総合発表会」の告知をさせていただきます

記事を読む

no image

りらフェスティバル08’その3

りらフェスティバルは、7月19日(土)、無事に舞台も完成し、 いよいよ発表の日を迎えました。 1年生

記事を読む

no image

生徒総合発表会 授業演目の紹介~日本舞踊なりら「1」~

2月20日月曜日 伝統文化の授業は、毎週木曜日にあります。 日本舞踊の先生2人と国際マナーの先生1人

記事を読む

no image

『第6回 入学式』

満開の桜に包まれたりらで、 4月8日『第6回 入学式』がありました。 合計15人の新入生を迎えました

記事を読む

no image

演劇祭

今回も生徒が記事を書いています。 授業「演劇」では、アクターズクリニックの講師の先生が指導してくだ

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
サマースクール(体験授業)募集開始

令和6年度のサマースクール(体験授業)の募集を開始しています! りら

全国高等学校軽音楽フェスティバル2024

6月2日(日)大阪城音楽堂にて行われた『全国高等学校軽音楽フェステ

2024年度学校紹介映像第二弾を公開

2024年度学校紹介映像の第二弾を公式Youtubeにて公開しまし

2024年度学校紹介映像を公開

2024年度の学校紹介映像が公式Youtubeで公開されました。 今

【学校関連団体】2024年度 銀河の森舞台芸術学園・参加者募集

本校校長が学園長を務め、講師陣がワークショップを行う【銀河の森舞台芸

→もっと見る

PAGE TOP ↑