*

【告知】平成30年度総合授業発表会 開催!

公開日: : 最新情報

2019年に入って今年も2ヶ月目。学校で飼育しているメダカの水が毎朝凍るくらい、寒い日が続いています。

寒い日はまだもう少し続きそうですが、今年度はそろそろ終わりに近づいています。

そして、2019年2月17日(日)!今年度の締めくくりとなるイベント、総合授業発表会を開催します!

 

今回のテーマは「43色のいろえんぴつ」。生徒43人の個性や思いを大切にし、それぞれがそれぞれの色で輝くという目標の元で決定しました。

当日は、ジャズダンス基礎・ボーカル・和太鼓といった舞台や、造形・絵画・衣装制作といった展示での授業発表はもちろんのこと、

夏休み中に期間限定オープンして大盛況だったLYRACAFEも、再び真国の荘でオープンします!

企画も「いろえんぴつ」というテーマにそって制作を進めているので、より入り込みやすい内容となっています!

IMG_4247

IMG_4248

また、学校説明会も同時開催します。

今回の説明会では授業体験なども企画しており、より学校の事を知ることができる内容となっております!(内容は変更になる可能性があります。)

 

平成30年度総合授業発表会「43色のいろえんぴつ」

日時/2019.2.17(日) 開場12:30 開演13:00

場所/本校体育館、ホール、二階 真国の荘

学校説明会…11:00~12:30(プレスクールも行います)

入場無料(物販有)・駐車場あり

JR岩出駅、貴志駅より無料送迎バスを運行します(※要予約)

 

今年度の集大成を、個性あふれる色でお届けします!

どなたでもお気軽に、是非お越しください!

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

2019年度総合授業発表会 詳細について

2019年度 総合授業発表会『ReStart』 日程📅2020年2月16日

記事を読む

「りらフェスティバル」まで、あと1日!

こんにちは!今年もトマトやピーマンやナスなど夏野菜が美味しい季節がやってきますね~。 そんな中

記事を読む

ほたるナイト2014 フィールドワーク

2014年6月13日 とうとう、今週の6月14日(土)に控えた毎年恒例の「ほたるナイト」迫ってまい

記事を読む

no image

蛍の季節

6月になりました。 学校の周りでは、蛍が飛び始めました。 近くの川は蛍の穴場で、とてもたくさんの蛍を

記事を読む

【生徒発表】大国主神社1200年祭

2018年4月1日、紀の川市貴志地区の大国主神社御鎮座1200年の祝祭に、りらの生徒が出演しました。

記事を読む

演劇祭に向けて

演劇祭まで1か月を切りました。   10月21日に本番を迎える演劇祭。 授業か

記事を読む

特用林産功労者特別賞 受賞のお知らせ

本校の授業「地域デザイン」で取組む「抹消天然記念物葡萄櫨の原木の再発見」が日本特用林産振興会

記事を読む

危険ドラッグ防止演劇 千秋楽!

危険ドラッグ防止演劇がついに千秋楽を迎えました!! 1月30日.2月6日(金)の2日間に分けり

記事を読む

授業地域デザイン 自然音収集 「真国川のかじか蛙」

[/audio] 今回の授業から、試験的に地域デザインの授業内で3つの班で活動すること

記事を読む

2014年度「後期総合授業発表会」ありがとうございました!

皆さんこんにちは!8期生(1年生)のI.Rです! 2015年2月28日(土)に、りら創造芸術高

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

いよいよ‘りら’始動する!

校長室より いよいよ‘りら’始動する! 6月1日。本日よ

no image
令和元年度卒業証書授与式

2020年3月15日、卒業式が行われ、11期生が無事卒業しました。

no image
手漉きの卒業証書が出来上がりました

新型コロナウイルスの影響により、休校となってから約1週間が経ちました

no image
手漉き和紙 卒業証書作り

急に寒くなった2月。手漉き和紙の卒業証書を自ら漉くために11期生が

no image
ブドウハゼの原木が天然記念物に再登録!

2017年から授業「地域デザイン」の課題として調査しており、

→もっと見る

PAGE TOP ↑