*

夏休み演劇合宿

公開日: : 日常風景, 課外活動

りら演劇担当です。
8月の夏休みの間、りらでは3つの演劇合宿がありました。

一つ目は、9日~11日、それから28日にあった「授業演劇」。
二つ目は、16日~19日、「プロジェクト演劇」。
三つめは、21日~24日、「薬物防止啓発演劇」。

それぞれメンバーは違いますが、
基礎練習から、脚本読み、そして立ち稽古まで、
遠方の生徒は泊まり込みで演劇に取り組みました。

10月21日には、「演劇祭」があり、
「授業演劇」と「プロジェクト演劇」は、
動物愛護等をテーマに、過去に上演した作品、
「CAT LIVING!」と「ゆずのアルバム」を再演します。

拾った猫の飼い主を探す高校生たちのドタバタコメディ。
そして、言葉を話す猫と一つの家族のハートフルドラマ。
2012年初演時には、とても評判が良かった作品で、
「ゆずのアルバム」は和歌山高校演劇大会の参加作品でもあります。

また、「薬物防止啓発演劇」では、
高校生たちの身近にやってくる薬物の一歩目について、
等身大の演技で表現しています。
演劇初経験の生徒も多く、それも一年生がメインですが、
合宿では毎日脚本と向き合いながら取り組みました。
こちらは11月23日に、和歌山県民文化会館で上演予定です。

またこの他にも、
「演劇祭」では、殺陣やミュージカルの発表もあります。

演劇祭-01
「世界民族祭」では子どもミュージカルの発表もあります。

演劇尽くしの10月、11月のりらになりそうです。
演劇に関心がある方はぜひ舞台を見に来てください。

 

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

世界民族祭2018 VOL.1「アフリカの輝き」開催

毎年大きく成長してきた世界民族祭が、10年目を迎えた今年。 初心に立ち返り「世界の子ども」をテ

記事を読む

no image

本物のサンタクロースが来校!?

舞踊祭も無事終わり、今週りらでは冬休みに向けて大掃除が行われていました。 りら生一人一人が丁寧に掃除

記事を読む

木星撮影 inみさと天文台

りら創造芸術学園のある紀美野町は「星降る里」と呼ばれるほど星が綺麗な環境です。 普段から、授業

記事を読む

no image

いきいきトーク

2月3日(水)の放課、仁坂知事が来校され、 6人の生徒とスタッフ、特別講師を交えて対談 「紀の国いき

記事を読む

no image

『第3回 卒業式』前日

卒業式の前日となりました。 この日はFWで、一日中明日の 卒業式の準備をしていました。 今回は、 卒

記事を読む

no image

生徒総合発表会 授業演目の紹介~日本舞踊なりら「2」~

続いては、3・4・5期生が踊る「老松」です! りらでは、今や伝統文化の発表する人の登竜門演目となった

記事を読む

校外学習 高野山へ

10月9日に校外学習ということで高野山に行きました。 学校からはバスで約1時間ほどで高野山に着きま

記事を読む

no image

御田の舞 撮影準備の様子

2月12日日曜日 「御田の舞」の収録日 御田の舞の収録が、12日にありました。 撮影の準備をしている

記事を読む

no image

2012生徒総合発表会

2012年2月26日日曜日。 体育館に特設されたステージで 生徒総合発表会2012が開催されました。

記事を読む

no image

生徒総合発表会の御案内

第5回生徒総合発表会を2012年2月26日日曜日14時から開催します。 総合発表は、年度末に開催され

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

いよいよ‘りら’始動する!

校長室より いよいよ‘りら’始動する! 6月1日。本日よ

no image
令和元年度卒業証書授与式

2020年3月15日、卒業式が行われ、11期生が無事卒業しました。

no image
手漉きの卒業証書が出来上がりました

新型コロナウイルスの影響により、休校となってから約1週間が経ちました

no image
手漉き和紙 卒業証書作り

急に寒くなった2月。手漉き和紙の卒業証書を自ら漉くために11期生が

no image
ブドウハゼの原木が天然記念物に再登録!

2017年から授業「地域デザイン」の課題として調査しており、

→もっと見る

PAGE TOP ↑