*

中国海外公演報告

公開日: : 最終更新日:2019/01/08 海外研修, 課外活動

11月9日~13日にかけて、中国研修旅行が行われました。
りら生の15人とスタッフ、講師の方など23名で行ってきました。
行先は中国の上海と杭州。
上海では、現地の芸術高校との交流、杭州では「世界レジャー博覧会」に参加という、2大目的を掲げての研修旅行でした。
その他にも、庭園観光に船上観光に観劇などなど、盛りだくさんな5日間でした。
これから数回に分けて、中国研修旅行の様子をブログでお届けしたいと思います。
今回はまず、メインの一つである上海の芸術高校との交流について。
中国について一晩経った2日目に「上海戯劇学院付属高級中学」という学校におじゃましました。
IMG_1660.jpg
戯劇学院は日本でいう芸術大学のことで、私たちは芸術大学の付属高校に行ってきました。
そこでは、歓迎セレモニーと座談会が開催され、その後、現地の高校生の舞台発表を見せていただいて、りら生が日本舞踊を披露しました。
DSCF4116.jpg
DSCF4138.jpg
DSCF4181.jpg
DSCF4196.jpg
舞台での交流を終えてからは、体験授業で米粉で作る粘土細工を学生さんに教えてもらったり、日本の劇団四季の舞台に立たれていた先生の演劇の授業を、現地の学生さんと一緒に体験させていただきました。
DSCF4227.jpg
DSCF4278.jpg
初めていく学校で、言葉も分からないという状況で、不安なことはたくさんありましたが、着いた瞬間に目の前の掲示板に「熱烈歓迎」の文字を見つけて、とても嬉しくなりました。
IMG_1793.jpg
また、現地の学校に通訳してくださる先生も何人かいてくださったり、学食もごちそうになったりと、様々な面で歓迎してくださって、とてもいい交流となりました。
その時の何人かの感想です。
到着し生徒さんたちとディスカッションし、お互いの舞台発表鑑賞。
ミュージカルのような演劇と扇を使ったダンス、琴の演奏を見せてもらったのですが、どの演目に出ている人たちもプロのように堂々としていてすごい迫力でした。
発表の内容も、伝統の舞を現代風にアレンジしたものとか言葉が分からなくても通じる演劇とか、クオリティーも高くてすごいなと思いました。
そこからりらの発表をさせてもらい、交流を兼ねて米粉ねんどでひまわりを作ったり、演劇のワークショップに参加させてもらいとても楽しかったです。
演劇は日本と一緒で、りらでもやったことのある内容でした。言葉が通じなくてもできるコミュニケーションで楽しく交流できたのではと思います。
2日目は上海の芸術学校にいきました。中国の人は、あまり笑わないイメージが行きの飛行機でついてしまったので、生徒の方達もそんなかんなのかなと身構えていましたが、実際にあってみると、日本の生徒と変わらなく、にぎやかで気さくな子が沢山いました。話し合いをしているときに、私達と変わらない高校生の子たちだなと感じさせてくれました。笑顔も素敵な子が多かったです。上海の学校の舞台を見せてもらい、琴と舞踊と劇でした。上海の子達は、堂々と踊ったり、演技をしたり、自身にあふれていました。それを見て、自分も堂々と踊らないといけないなと感じさせていただきました。一つ一つの動きも似たようなところもあったり、学ぶことがあったり、文化が違うけど芸術でコミュニケーションをとれるのは楽しいことです。
私達の発表で、場当たりなどをしていませんが、間違えずに堂々と踊れたと感じています。これで少しでも日本の文化に興味をもってもらえたらいいなと思います。両方の舞台が終わり、その後で、米でつくった粘土などの人形の作り方を教えてもらいました。実際に使ったものは、米のものではないのですが、ひまわりを作る事ができました。小さいのでむずかしかったです。
上海の高校はすごいエリート校だと聞いていて、正直行くのが怖かったです。でも、行ってみたら向こうの学生さんたちも私たちと同じような雰囲気でした。通訳の先生がいてくれたことが大きかったのですが、言葉の違いもそんなに気にならずに接することができて(演劇授業体験が象徴的)いい思い出です。そのせいか、発表も余裕をもってすることができました。
交流させてもらった上海芸術大学付属学校では、中国の琴と伝統的な踊りと劇を見せてもらったのですが、とても楽しめました。また交流も含めて演劇や粘土細工をさせてもらったのですが皆さんが笑顔だったので安心したという変な感じでした。
学校で交流させてもらって、今後も交流していきたいとおっしゃってくださって、とても嬉しかったです。また、りらに来てもらいたいです。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

FWの作業風景

FWとは! 本来FW(フィールドワーク)は現地調査という意味ですが、 りらではイベントの準備期間のよ

記事を読む

no image

イタリアンなりら

昨日、りらの近くにある「真国の荘」で、 『ステラート』というイタリアンレストラン14日に開店します。

記事を読む

オーストリア共和国 海外公演

オーストリア国における海外公演 オーストリア国における海外公演 約400年前豊臣秀吉の築いた

記事を読む

no image

第4回卒業式

りら創造芸術高等専修学校 第4回卒業式 3月10日日曜日、体育館に設置されたステージにて平成24年度

記事を読む

no image

24年度 「総合発表会」 告知

今日02月24日(日)13:30~16:30 に行われる 「総合発表会」の告知をさせていただきます

記事を読む

no image

蛍の季節です

最近、りらの周辺では夜に蛍を見ることができます。 真国川周辺では「ゲンジボタル」が生息しています。

記事を読む

no image

「ほたるないと」準備中!!

着々と「第6回 ほたるないと」に向けて 舞台が組まれつつあります。 その、舞台作りを中心に活動する「

記事を読む

no image

念願の屋根ができる

野外ステージに念願の屋根が建つことになりました。 地域の鉄工所と土木の方々、真国芸術の郷プロジェクト

記事を読む

りらカフェ 無事終了!

りらカフェ5日間の営業がおわりました! 8月23日~8月27日にプロジェクト販売が企画した りら

記事を読む

no image

舞台創作の特別授業

五月十日木曜日 今日は「舞台創作」という演劇の授業で、 特別講師の佐渡山先生が来てくださり、 直接、

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
no image
【校外発表】中学校での芸術鑑賞教室

やっと秋らしい晴天がやってきた10月の終わり、 近隣の中学校に

授業こぼれ話「きつねの小判」の由来仮説

きつねの小判という子どもの遊びをご存知だろうか? 「き

第2回 吉田製蝋所見学

授業「地域デザイン」葡萄櫨の原木調査の一環で海南市にある 全国

no image
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

特別授業【モデル撮影の現場】

6月13日、りら創造芸術高校でモデル撮影の現場を体験する特別授業があり

→もっと見る

PAGE TOP ↑