*

地域デザイン【葡萄櫨の原木調査】県による樹齢調査結果説明会

2018年3月12日月曜日14:00から、りら創造芸術高等学校のスタジオ教室にて、

和歌山県の林務課による樹齢調査結果の説明会が、わくわく班メンバー2名に対して行われました。

 

そもそも、私たちがこの樹が「原木である」とする根拠は、大きく3つあります

①地域の古老の証言

②天然記念物調査報告書に掲載されている住所が一致している

③天然記念物調査報告書に掲載されている写真と樹形がほぼ一致する

普通ならほぼ間違いないと言っても過言ではないと思いますが、

今後、天然記念物として登録を目指すためには、(学校にその権利は一切ありませんがW)

間違いのない、科学的な根拠も必要になると考え、県に調査を依頼しました。

この調査は2017年12月14日午後に県によって行われました。(ブログ記事

 

この調査は、樹に小さな穴を開けて年輪を読み取る。というものです。

 

採取時に、原木の中心部に空洞があることが判り、結果としては本当に小さな「木屑」が採取できただけでした。

正直「この方法では無理なのかな?」と参加した全員が思っていました。

 

また、参加した専門家や地域住民の方からは「200年近い樹齢の樹にしては樹皮が新しすぎないか?」という指摘も飛び出したことから、

この調査の結果がとても気になっていました。

 

この日の説明会では、県の担当者の方がパワーポイントを使って、

調査方法や狙いなど、分かりやすく報告してくださいました。

IMG_3637_B

その報告を聞いて驚きました。

県林業試験場の方が顕微鏡を駆使して詳細に調査してくださった結果、

たった5センチの木片から82~97年分の年輪を採取することができたそうです!

5センチの中に約100個の年輪があるということは、その年輪幅約0.5mm!

 

これは、想像以上の密度です。

実際の穴の深さは20cmあります。

 

下の図で一般的な材木の年輪を観察してみました。

一般材木から年輪の特徴を考察-01

樹は一般的に、よく成長した年の年輪幅は太くなり、成長しにくかった年の年輪幅は狭くなります。

成長度合いは様々な状況が考えられますが、推定樹齢は概ね200歳前後といった感じになる可能性があります。

この推定樹齢は、文献から私たちが導いた「179年以上の樹齢である」との主張に矛盾がありません。

 

また、これだけ年輪幅が小さいということは、ここ90年ほど成長が鈍っている可能性が考えられます。

この結果は、83年前の天然記念物指定当時、「原木周辺は棕櫚や竹の造林で、光輝ある葡萄櫨の原木か、と寂しい想いを呼び起こさせる」

と書かれていることと状況が一致します。

 

さらに、天然記念物調査報告書に掲載されている昭和8年(85年前)当時の樹の大きさ(根元幹周り122cm)を5センチ足すと、現在の幹周りとほぼ一致します。

結果として今回の調査からは、

今回調査した樹と天然記念物に指定されていた原木とは、同一である可能性が高まった。

と報告してくださいました。

 

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

授業地域デザインの納豆調査について

金曜日の午後に開講する選択授業『地域デザインⅡ』では地域に眠るアートの素材を発掘すべく地域へ

記事を読む

地域デザイン【葡萄櫨の原木調査】県による竹の除去作業

2018年3月7日午後、県の担当者の方からご提案をいただき、 原木に日光が当たるように周辺の竹

記事を読む

授業【地域デザイン】発見!消えた天然記念物「葡萄櫨の原木」は生きていた?!

夏休みは教員にとって授業作りの時間がまとまってとれる絶好の機会です。 今回は、以前「ブ

記事を読む

地域デザイン授業記録簿 林業特別授業 第1回 特用林産物

今回の授業は和歌山県女性林研の皆さんにご協力いただき3回にわたり林業や山の生活を学びま

記事を読む

地域デザイン 葡萄櫨の原木調査「実物計測」

2017年9月8日金曜日 地域デザインの授業で鞍ワクワク班のメンバーと映像表現のA君で、葡萄櫨

記事を読む

プロジェクトフィールドワーク in吉田製蝋所

  今年度、初めて行われたプロジェクトフィールドワーク(PFW)は、3日間連

記事を読む

有田川流域の納豆文化を探せ! 地域デザイン特別課外授業

2016年8月22日(月)から23日(火)の2日間、りら創造芸術高等学校の授業「地域デザイン

記事を読む

地域デザイン授業記録

地域デザイン【念願の椎茸収穫】

授業「地域デザイン」の特別授業(和歌山県女性林研が毎年開講してくださっています)で植付けてい

記事を読む

地域デザイン 高大連携合同ゼミナール

りら創造芸術高等学校の選択授業「地域デザイン」受講生と、和歌山大学観光学部「農山村再生ゼミナ

記事を読む

日テレ『THE突破ファイル』でりらの活動が放送されます 12月6日 19時~

りら創造芸術高等学校の生徒が、授業「地域デザイン」でおこなっている調査活動が題材となって制作された再

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
no image
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

no image
【校外発表】中学校での芸術鑑賞教室

やっと秋らしい晴天がやってきた10月の終わり、 近隣の中学校に

授業こぼれ話「きつねの小判」の由来仮説

きつねの小判という子どもの遊びをご存知だろうか? 「き

第2回 吉田製蝋所見学

授業「地域デザイン」葡萄櫨の原木調査の一環で海南市にある 全国

特別授業【モデル撮影の現場】

6月13日、りら創造芸術高校でモデル撮影の現場を体験する特別授業があり

→もっと見る

PAGE TOP ↑