*

春休みの納豆研修in京都山国

公開日: : 最終更新日:2018/07/15 和歌山の納豆文化, 地域デザイン授業記録簿, 最新情報

地域デザインブログ用イメージ

納豆歴史研修in京都山国
001.jpg
生徒作品:わら納豆 5期生N.I
りら創造芸術高等専修学校は、(以下、りらと省略)高野山の西北麓の紀美野町に立地しています。
中世史で有名な重要文化財「紀伊国神野・真国荘絵図」で描かれる地としても知られています。
800年以上前に都と繋がっていた歴史あるこの真国地区。
現代ではそんな歴史深い地も、国の基準に照らすと「限界集落」となるほど過疎化が進んでいます。
りらでは、地域からの聞き取りを通して、アートの素材を発見することを目標とした
選択授業「地域デザイン」を開講しています。
里山に残る知恵や、地域に残る昔話など。地域にはたくさんのアートの種が詰まっています。
そんな授業で今回研究対象となった「塩納豆」は、真国地区の中でも一番奥まった
「円妙寺」という集落で伝統的に食べ継がれてきました。
当初、納豆食の文化が何百年も前から和歌山に存在するとは、私たち含め誰も思っていませんでした。
それもそのはず和歌山県は、2008年の納豆消費量都道府県ランキングでは、47都道府県中47位という記録を持つほど
納豆を食べない地域なのです。
聞き取りで聞いた円妙寺地区の古老Tさんの話です「この納豆は平家の落ち武者が伝え、
根来窪地区(現在は紀の川市に位置し消滅集落となっています)に伝わり広がったと聞いています」
この話から学校でつけた呼び名は「真国平安落人納豆」です。
現段階では歴史的史実とはいかず「物語」の域を出なかったのですが、
この度の研修で「おもしろい(興味深い)物語」だと気付き始めました。
この納豆の特徴は以下の3点です
1.古く(古老への聞き取りでは確実に3代前以上)から円妙寺の家庭で作ってきた。
2.完成後、塩辛いくらいに塩をあえて壷に入れて保存食とする。
3.昔は、今のように白米と食べることはせず、茶粥などの付合せとして食べた。
今回の研修では
特に2点目の「塩での味付け」を同じように行う文化をもち、藁つと納豆発祥の地とも
云われる京都市右京区の山国地域で、どのように納豆文化が伝わり活用しているのかを見学に行きました。
神護寺見学
最初に訪れたのは神護寺です。
このお寺は今より、832年前寿永元年(1182年)7月から領主として真国荘を管理していました。
先に述べた重要文化財「紀伊国神野・真国荘絵図」も神護寺が所蔵しています。
DSC_3382.jpg
納豆とは関係ないかもしれませんが、束石と木材が綺麗に接しています。
電気工具を使わずにどのように加工したのか?昔の職人さんの技術の高さには驚きです。
DSC_3383.jpg
幸運にも住職様にお会いすることができました。
DSC_3385.jpg
㈲山国さきがけセンター見学
ここは、住民が出資し「村おこしの拠点」として、納豆をはじめとした大豆製品の生産、加工販売を行う会社です。
この日は定休日であるにも関わらず、商工会や関係者の方が集まってくださり、本当に丁寧にご説明いただきました。
DSC_3388.jpg
納豆に対する並々ならぬ情熱を感じることができました。
DSC_3397.jpg
山国さきがけセンターでは、地域に伝わる納豆などの食文化を製品化し販売しています。
DSC_3400.jpg
常照皇寺見学
このお寺には、開山された光厳天皇の生涯を描いた絵巻が現存し、そのなかに常照皇寺の庭で
住職がふるまったと思われるわらづとに包まれた納豆の絵が残っています。
DSC_3407.jpg
DSC_3411.jpg
DSC_3413.jpg
山国隊軍楽保存会の方に、明治維新で活躍した「山国隊」が残した軍楽について詳しくお聞きしました。
DSC_3404.jpg
今回の研修では、アドバイザーとして高野山大学 委託研究員の森本一彦先生と、
カメラマンの宝門先生に御同行いただきました。
また、山国さきがけセンターや山国隊軍楽保存会の関係者の皆様に
ご協力いただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

軽音部 県大会優勝!

2月11日(土)和歌山県民文化会館で開催された「わかやま軽音フェス2023」に授業音楽表現の一部の

記事を読む

舞台告知「ほたるナイト」まであと1ヶ月!

舞台告知 名称:ほたるナイト 日時:平成27年6月13日土曜日 14:00~17:00送

記事を読む

no image

トラクター救出!

この日の4時限目は『バイオ生命学』の時間。 一通り蛙(かえる)について学んだ後、 近くの田んぼに「か

記事を読む

no image

音楽の集いと出逢い

りらでは、特別講師の先生方も、 新しい芸術と出会うことがあります。 そうした芸術同士の出逢いから新し

記事を読む

授業こぼれ話「きつねの小判」の由来仮説

きつねの小判という子どもの遊びをご存知だろうか? 「きつねの小判を100個集めると願

記事を読む

no image

衣装作り

現在、 歌唱法の授業+ミュージカルの授業で、 ゴスペル+タップのコラボレーションを練習中です。 本日

記事を読む

no image

第3期 卒業生海津由布子さんの活躍が新聞で紹介されました

京都造形芸術大学に通う3期卒業生海津由布子さんが、卒業論文で下鴨神社がかつて朝廷に献上した「虫籠(む

記事を読む

「第7回 世界民族祭 in 真国」無事終了しました!

みなさまこんにちは、3年生のO.Mです! 例年に比べ、この時期ではとても暖かい日が続いていますね。

記事を読む

校長室より 春休みのある日

春休みのある日。学校の裏にある広い畑で夏野菜の植え付け。ベテランの先生から指導し

記事を読む

no image

手漉き和紙 卒業証書作り

急に寒くなった2月。手漉き和紙の卒業証書を自ら漉くために11期生が 和紙工房「あせりな」さんを訪れ

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
キノミノリプロジェクト~愛知県岡崎市の松井本和蝋燭工房へ~

8月2日、愛知県岡崎市にある松井本和蝋燭工房へ見学及び撮影に行きまし

no image
ブドウハゼツアーをしました!

5月に、海南市下津地区と有田市でブドウハゼにまつわる場所を訪問しまし

no image
ブドウハゼに関して雑誌の取材を受けました

4月末、プロジェクトりらファクトリーと授業地域デザインの生徒各数名で

17期生入学式

2023年4月9日(日)、りら創造芸術高等学校で第8回入学式を執り

no image
ブドウハゼのモクロウ PR動画

プロジェクトりらファクトリーでは、2022年4月に海南市にある吉田製

→もっと見る

PAGE TOP ↑