*

地域デザイン【林業特別授業】徳用林産物シイタケ栽培

公開日: : 地域デザイン授業記録簿, 授業紹介

2018年3月2日金曜日の午後に選択授業「地域デザイン」において、

和歌山県と女性林研のご協力で、【林業特別授業】徳用林産物シイタケ栽培を知る。

を開講しました。

 

この授業では毎回林業の世界を体験学習のスタイルで学びます。

田舎で生活していると、農業や漁業は出会う機会がありますが、

林業はなかなか出会うことがありません。

しかし、本校が立地する紀美野町は森林が96.33平方キロメートルで総面積の75%を占め、農地は10%程度となっています。

この授業は、そんな林業に初めて触れる生徒にとって、貴重な機会となっています。

最初は、公民館で座学です。

実際にシイタケ栽培をしている地域の方が講師となって説明してくださいました。

_MG_1526

今回のテーマ「徳用林産物(とくようりんさんぶつ)」とは、 森林から生産される様々な産物のうち、建築用材以外のものをいいます。

キノコやタケノコ、山菜などもコレにあたります。

また、地域デザインでも調査中の「櫨の実」も、徳用林産物の一種です。

徳用林産物は、60年~100年かけて育てるスギやヒノキなどの林産物を生業としてきた山村における、短期的な収入源として重要な役割を担っているようです。

 

 

 

座学の後は、実際にシイタケを栽培している場所に移動します。

_MG_1551

梅の花が綺麗に咲いていました。

 

急な坂を上がり、さらに山を上ります。

IMG_1558IMG_1719

山の中腹に数万本はありそうなクヌギの木がクロスに組まれて横たわっています。

_MG_1653

このような原木から生えるシイタケは、菌床で育てられたものより「旨み」「香り」「栄養」の点で優れているとされ、

スーパーなどでは高値で売られています。

ここのシイタケも、小売はほとんどせず、料亭などで出汁をとるのに使われる乾燥用に出荷されるそうです。

 

そんな貴重なシイタケを慎重に収穫させてもらいます。

IMG_1663

 

 

 

IMG_1674

傘が花模様に割れている乾シイタケを「茶花どんこ」と呼びます。

見た目が綺麗で、高級食材として流通しています。

 

IMG_1712

肉厚でおいしそうなシイタケを収穫できました。

IMG_1706

収穫体験の後は、作業場に戻って植菌作業(原木に種菌を植え付けること)を体験しました。

IMG_1727

木に開けた穴に駒菌と呼ばれる木片をかなづちで叩き入れていきます。

個数を重ねるうちにみんな上手くなっていきました。

 

生徒たちが作業をしていると、女性林研のメンバーの方が炭火で収穫したばかりのシイタケを焼いてくださいました。

あつあつのシイタケに醤油を垂らすと、香ばしい匂いが広がりました。

IMG_1755

さらに!メンバーの皆さんの計らいで、人気のパン屋さん「ドーシェル」のバンズを用意してくださっていました!

IMG_1771

「採れたてシイタケ炭火焼きバーガー」の完成です。

シイタケがこれほどジューシーな食べ物とは知りませんでした。

今までで一番おいしいシイタケ料理だ!とみんな感動を表現していました。

IMG_1809

田舎には、まだまだ未開拓な資源が沢山あります。

今回のシイタケも学校から僅か数分の距離にありますが、その存在を知っていた生徒はほとんどいませんでした。

 

体験から得た知識や感動は、きっと生徒のみんなの心に残ったと思います。

 

この授業を支えてくださった関係者の皆様に感謝します。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

授業【地域デザイン】 ブドウ櫨の原木を探す

授業地域デザインでは、京和ろうそくの原材料になるブドウ櫨についても調べています。 ht

記事を読む

テレビ取材 ブドウ櫨

授業地域デザインでは、京和ろうそくの原材料になるブドウ櫨についても調べています。 櫨(

記事を読む

地域デザイン 葡萄櫨の原木調査「実物計測」

2017年9月8日金曜日 地域デザインの授業で鞍ワクワク班のメンバーと映像表現のA君で、葡萄櫨

記事を読む

no image

高大連携ミニシンポ 地域と学校と人づくり

高大連携ミニシンポ「地域と学校と人づくり」が1月25日(金)、 紀美野町美里支所にて行われ、りら生

記事を読む

プロジェクト舞踊 基礎練習!!

プロジェクト舞踊では今、基礎練習を行っています。 クラシックバレエ、筋トレ、ストレッチなどダンスを

記事を読む

ついに本番!!

猛暑から一転、過ごしやすい気温に落ち着きましたね。いかがお過ごしでしょうか。 りらでは、進路決定の

記事を読む

特別授業 建築家「広谷 純弘先生」 ベーシスト「清水興先生」

6月6日(木)りらでステキな特別授業が開催されましたのでご報告します。 講師の先生は、和歌山出

記事を読む

12月20日 高大連携ゼミナールin和歌山大学

2017年12月20日 りら創造芸術高等学校と和歌山大学観光学部による「高大連携ゼミナール」が和歌山

記事を読む

プロジェクト美術による校門のモルタル造形作品

2021年の年明けからプロジェクト美術では、モルタル造形作家の眞砂先生ご指導の下、校門の一部のリノ

記事を読む

お茶を作る

選択授業「地域デザイン」で茶摘みを体験しましたので生徒のレポートを元にブログとして紹介しま

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第42回近畿高等学校総合文化祭郷土芸能部門に出場!

2022年11月27日(日)、有田市民会館紀文ホールで開催された第

第42回近畿高等学校総合文化祭開会式に出演

2022年11月19日(土)、和歌山県民文化会館大ホールで第42回近

2022年度中学校公演が始まりました!

昨年度に引き続き、今年度も計5校の中学校の文化行事・文化鑑賞教室にお

第5回りらシアター 閉幕

2022年11月5日(土)第5回りらシアターが無事閉幕いたしました!

りらのマフィンにミニサイズができました!

写真のお皿に乗っている左側が、これまで販売していたサイズ。右

→もっと見る

PAGE TOP ↑