*

《地域から引き継ぐ伝統芸能》御田の舞を奉納

公開日: : 最新情報, 行事

IMG_1073

こんにちは!

本日は3年生S,Aがお送りします!

いつもりら活動ブログを閲覧していただきありがとうございます。

今日は先日2月22日(木曜日)真国丹生神社(丹生都比売命を奉る)にて行われた『真国御田春鍬規式』の活動報告です!

この舞は真国御田春鍬規式と呼ばれ五穀豊穣を祈る丹生神社に古く(少なくとも600年前)から伝わる伝統(予祝)芸能です。

田植えから稲刈り、最後は蔵入れまでの稲作の所作を狂言形式で演じます。

登場人物は農家の主人「花賀之丞」娘婿の「福太郎」田を耕すお祝いの役目「黒牛」「早乙女」「お囃子(以下:太鼓.ササラ)」によって演じます。

伝統的な衣装・お面に身を包み神前で御田の舞を奉納します。今年は総勢8人により約30分かけて演じました。

真国御田は後継者不足による中止、御田を引き継いでいた真国小学校の廃校など色々な事情に悩まされ平成以降から途絶えていました。

しかし、地域住民の御田に対する強い思いを受け継ぎ2009年(H.21)にりら創造芸術高等専修学校の1期生が「卒業研究」の一環として第一回『世界民族祭』で復活させました。

その後はりらの生徒が先輩から後輩へと舞を地域の思いも背負い引き継いできました。

11月の第9回『世界民族祭』で演じ、そこからはたくさんのイベントや舞台発表があり中々練習時間が取れない中で台詞の確認や所作の確認などをし22日の本祭での奉納に向けて練習してきました。

今年は御田の舞をりらが引き継いで9年目。ここ数年は『伝統芸能を引き継ぐ高校生』と題し沢山のメディアに取り上げていただく機会が増えました。

今年は例年以上の一般参列者、メディアの皆様にお越しいただきました。

また今年は青少年育成に携わるドイツ・オーストラリアなどの教育関係者の方々にも拝見していただきました。

海外の方々に間近で伝統芸能を見ていただくのはとても新鮮な気持ちで凄く楽しめました!

 

そして御田の舞の奉納が終わってからは丹生神社の境内にて『真国神楽(創作舞踊)』を披露させていただきました。

この真国神楽は真国丹生神社(丹生都比売命を奉る)の神様への奉納舞として特別講師であった先生により作られた作品です。

 

地域に密着し、地域の大切な思いを引き継がせていただきとてもありがたい事だなと改めて感じたと共にすごく難しいなと感じました。

これからも後輩にはしっかりと先輩や地域の思いを引き継ぎ、いつかは住民の手に御田の舞をりらから直接返して欲しいと願っています。

IMG_0931

鍬初めの様子 手に持っているのは鍬 (向かって手前が花賀之丞㊧,奥が福太郎㊨)

IMG_0948

牛を操る様子 (牛が田を耕してこの後に牛が暴れだす)

IMG_1002

田植えの様子(前列3人が早乙女,中列2人が主役,後列2人がお囃子)

早乙女が手に持っているのは苗。田植えの歌を主役が歌いその前で早乙女が田植えをします。

この後は稲刈りのシーンが続きます。

IMG_1128

真国神楽の様子(女の子は赤紫の衣装,男の子は緑の衣装に身を包む)

今年は計8人(うち女子6人.男子2人)

IMG_1181

 

IMG_1167

 

IMG_1214

【りら創造芸術高等学校 2017年度舞台発表終了のお知らせ】

先日、真国の荘(紀美野町蓑津呂)で行われた『音楽祭』で今年度の舞台がすべて終了いたしました!

今年もすべてのイベントに沢山のお客様にお越しいただけたこと感謝申し上げます。

また各イベントに足をお運びくださった方々、本当にありがとうございました!

3年生は3月11日 第9回卒業式をもってこの校舎から巣立っていきます。この思いはしっかりと後輩に託したいと思います。

 

1年間ありがとうございました!

りら創造芸術高等学校

9.10.11期生 一同

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

13日日曜日、「芸術の世界で生きるには」をテーマにした 第4回りら教育講演会を開催しました。 本

記事を読む

no image

今日はマリーナシティーで学校説明会

本日、11月29日マリーナシティー内 わかやま館にて 学校説明会を開催します。 12時から生徒の発表

記事を読む

民俗学特別授業 「消え去ろうとしている歴史を守る」 

りらには、2・3年生の選択授業として「地域デザイン」という授業があります。 この授業は、地

記事を読む

ダンスコンサート生徒出演

2013年12月8日、大阪堺市のソフィア堺の大ホールを会場に、 山上範子校長が主宰するダンスアートカ

記事を読む

伏虎中学校演劇発表

2013年11月15日(金)、和歌山市内の和歌山市立伏虎中学校より依頼をうけ、平成25年度学習発表会

記事を読む

地域デザイン【校外学習】庄屋「弥市郎」の墓見学

五月晴れに恵まれた金曜日の午後。授業地域デザインの校外学習の一環として、地域の郷土史家森下誠

記事を読む

no image

舞踊祭

平成22年1月16日(土)に、 りらでは10月以来となる学校主催イベント、「りら舞踊祭」が開催されま

記事を読む

後援会役員会が開催されました

9月7日19時から紀美野町総合福祉センターにてりら創造芸術学園後援会の役員会が開催されました。 後

記事を読む

アフリカからのお客様

今日は、アフリカのケニアにあるナイロビ大学から20名の学生さんに来校していただきました。 紀の川国際

記事を読む

no image

民族学の授業

今日は、木曜日の授業の一つ、 「民族学(地理)」の授業風景をお伝え致します。 写真は、色々な地図の見

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

いよいよ‘りら’始動する!

校長室より いよいよ‘りら’始動する! 6月1日。本日よ

no image
令和元年度卒業証書授与式

2020年3月15日、卒業式が行われ、11期生が無事卒業しました。

no image
手漉きの卒業証書が出来上がりました

新型コロナウイルスの影響により、休校となってから約1週間が経ちました

no image
手漉き和紙 卒業証書作り

急に寒くなった2月。手漉き和紙の卒業証書を自ら漉くために11期生が

no image
ブドウハゼの原木が天然記念物に再登録!

2017年から授業「地域デザイン」の課題として調査しており、

→もっと見る

PAGE TOP ↑