*

りらシアターを終えて、りらの舞台とは。

公開日: : 最新情報, 校長室より

 2020年11月21日に「第3回りらシアター」を貴志川にある「かがやきホール」で開催いたしました。今年はコロナの影響で授業開始が6月からでしたが、夏休みを短縮して授業を行い、また秋には全国高等学校総合文化祭への参加も重なり活動時間の確保が大変だったのですが、生徒たちは毎日遅くまで自主的に練習を重ね、制作に取り組み、成果をしっかりと発表することができたと思っています。

 「りらシアター」は前期の授業総まとめの発表の機会(学校開放・授業参観)であり、新学期からの上半期で、生徒それぞれの成長度合について、どれくらい伸びたのかを見る大切な機会でもあります。生徒たちは選択した授業のほとんどを発表するので当日までの時間のやりくりに大変忙しく、それぞれ教員や特別講師の先生方の指導のもと「どれだけ真摯に取り組めたか、学んだことをレベルアップ出来たか」を自分自身知ることができ、また指導者たちから評価を受ける厳しくもあり、やりがいのある大きな機会となります。

 りらでいう「舞台」は、実は、舞台上で踊ったり歌ったりするだけではありません。美術部門の制作作品も同時に開催しますが、裏方として映像のカメラ撮影、同時収録、現場での配信まで生徒がこなし、舞台の大道具の制作、音響のアシスタント、作品のつなぎのMCや途中に配信する映像、案内チラシなどのリーフレット類も生徒たちが作ります。

 当日までは、それらの流れを全員で把握するための「舞台企画」という総合探究の時間があり、舞台監督を決め、それぞれの役割を細かく分担し、当日までのしなければならない内容を全員で確認・把握し、一人一人の動静把握のための一覧表作成から、毎日の練習時間の配分、進捗状況の確認も毎日「朝活動」という朝一番の会議で全員で進めていきます。生徒たちは、今やっておかないといけないこと、自分の役割を、演目だけでなく全ての事項で理解し、それぞれが自分事としてこなしていきます。

 それらが集まって、自分の立ち位置がはっきりして、次第に自分がしていることが自分だけでなく他の人の役に立っていることが分かってきます。そして、自分以外の人たちが実は裏でどれだけ動いてくれているかを知り、そのことが無かったら本番当日、自分が舞台に立つことすらできなかったということが分かります。おかげさまですね。そして自分も頑張ったからです。実は、社会が成り立つための仕組みを“りら“では舞台を使って生徒が経験し、理解するのです。生徒たちは、目の前のことに追われているので、そこまで深い意味があることまで考えは及びませんが、「りらの舞台」には、そこに大きな「教育=学び」があるのです。

 「舞台」は見ていると華やかで楽しいもの。しかしそこに至るまでは、苦しくて、辛いことが多い。でもこれだけはいえる。「乗り越えたものしか、見えない世界ある。感じるものがある。その世界を生徒たちにみせてやりたい。感じささせてやりたい。友達と励まし合い、乗り越えて、共に創る「りらの舞台」これからも、舞台を通して「生きる底力」を身につける教育を推進していきたいと思っています。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

トラクター救出!

この日の4時限目は『バイオ生命学』の時間。 一通り蛙(かえる)について学んだ後、 近くの田んぼに「か

記事を読む

no image

手漉き和紙 卒業証書作り

急に寒くなった2月。手漉き和紙の卒業証書を自ら漉くために11期生が 和紙工房「あせりな」さんを訪れ

記事を読む

パークゴルフを楽しむ⛳

りら創造芸術高等学校の体育授業として毎年パークゴルフを実施しています!紀美野町のご厚意により、ふ

記事を読む

ほたるナイト ブログ

6月14日(土)に「ほたるナイト~夢の具現化~」が体育館にて開催され無事終了しました。

記事を読む

宝塚観劇

6月7日(金)宝塚歌劇団の雪組公演「壬生義士伝」と、ショー「Music Revolution」を全校

記事を読む

世界民族祭2018 VOL.1「アフリカの輝き」開催

毎年大きく成長してきた世界民族祭が、10年目を迎えた今年。 初心に立ち返り「世界の子ども」をテ

記事を読む

no image

野焼きで「陶芸」

今週は「野焼き」をしました。 「野焼き」とは、 (火曜の「陶芸」の時間で製作した)陶芸作品を、 土に

記事を読む

地域デザイン 葡萄櫨の原木調査「県による視察」

2017年10月13日火曜日 地域デザインの授業で、鞍ワクワク班のメンバーで、葡萄櫨(ぶどうは

記事を読む

いよいよ‘りら’始動する!

校長室より いよいよ‘りら’始動する! 6月1日。本日より14年目のりらが始まった。2

記事を読む

課外授業『撮影実習』 新しい寮の撮影をしました。

本校は、全国から寮を利用して入学する広域制の高校なので、新しい寮は多くの生徒が待ち望んでいま

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
令和2年度卒業証書授与式

2021年3月13日、第5回卒業式が行われ、12期生がりらを巣立って

no image
清水興先生特別授業

2月17日、音楽表現の授業で特別授業がありました。 本日の先生

no image
校内での真国御田春鍬規式

2021年2月18に、紀美野町真国地区に伝わる「真国御田春鍬規式」の

2020年度後期総合授業発表会

2021年2月13日(土)に2020年度総合授業発表会「はっしん」は

no image
オーガニックコスメ製作プロジェクト~地元産100%で作る手作り化粧品~香料製作編

りら創造芸術高等学校の選択授業「プロジェクト地域おこし」では、地域に

→もっと見る

PAGE TOP ↑