*

りらシアターを終えて、りらの舞台とは。

公開日: : 最新情報, 校長室より

 2020年11月21日に「第3回りらシアター」を貴志川にある「かがやきホール」で開催いたしました。今年はコロナの影響で授業開始が6月からでしたが、夏休みを短縮して授業を行い、また秋には全国高等学校総合文化祭への参加も重なり活動時間の確保が大変だったのですが、生徒たちは毎日遅くまで自主的に練習を重ね、制作に取り組み、成果をしっかりと発表することができたと思っています。

 「りらシアター」は前期の授業総まとめの発表の機会(学校開放・授業参観)であり、新学期からの上半期で、生徒それぞれの成長度合について、どれくらい伸びたのかを見る大切な機会でもあります。生徒たちは選択した授業のほとんどを発表するので当日までの時間のやりくりに大変忙しく、それぞれ教員や特別講師の先生方の指導のもと「どれだけ真摯に取り組めたか、学んだことをレベルアップ出来たか」を自分自身知ることができ、また指導者たちから評価を受ける厳しくもあり、やりがいのある大きな機会となります。

 りらでいう「舞台」は、実は、舞台上で踊ったり歌ったりするだけではありません。美術部門の制作作品も同時に開催しますが、裏方として映像のカメラ撮影、同時収録、現場での配信まで生徒がこなし、舞台の大道具の制作、音響のアシスタント、作品のつなぎのMCや途中に配信する映像、案内チラシなどのリーフレット類も生徒たちが作ります。

 当日までは、それらの流れを全員で把握するための「舞台企画」という総合探究の時間があり、舞台監督を決め、それぞれの役割を細かく分担し、当日までのしなければならない内容を全員で確認・把握し、一人一人の動静把握のための一覧表作成から、毎日の練習時間の配分、進捗状況の確認も毎日「朝活動」という朝一番の会議で全員で進めていきます。生徒たちは、今やっておかないといけないこと、自分の役割を、演目だけでなく全ての事項で理解し、それぞれが自分事としてこなしていきます。

 それらが集まって、自分の立ち位置がはっきりして、次第に自分がしていることが自分だけでなく他の人の役に立っていることが分かってきます。そして、自分以外の人たちが実は裏でどれだけ動いてくれているかを知り、そのことが無かったら本番当日、自分が舞台に立つことすらできなかったということが分かります。おかげさまですね。そして自分も頑張ったからです。実は、社会が成り立つための仕組みを“りら“では舞台を使って生徒が経験し、理解するのです。生徒たちは、目の前のことに追われているので、そこまで深い意味があることまで考えは及びませんが、「りらの舞台」には、そこに大きな「教育=学び」があるのです。

 「舞台」は見ていると華やかで楽しいもの。しかしそこに至るまでは、苦しくて、辛いことが多い。でもこれだけはいえる。「乗り越えたものしか、見えない世界ある。感じるものがある。その世界を生徒たちにみせてやりたい。感じささせてやりたい。友達と励まし合い、乗り越えて、共に創る「りらの舞台」これからも、舞台を通して「生きる底力」を身につける教育を推進していきたいと思っています。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

声優の竹房さんによる特別授業!(11月30日)

本日は、 声優である竹房さんによる、 特別授業が3時間も行われました。 プロの仕事の話や、実際のアフ

記事を読む

no image

手漉き和紙 卒業証書作り

急に寒くなった2月。手漉き和紙の卒業証書を自ら漉くために11期生が 和紙工房「あせりな」さんを訪れ

記事を読む

全国高等学校総合発表会 開会式出演に向けて

  7 月 31 日(土)日に和歌山県で開催される全国高等学校総合文化祭開会式において、創

記事を読む

課外授業『撮影実習』 新しい寮の撮影をしました。

本校は、全国から寮を利用して入学する広域制の高校なので、新しい寮は多くの生徒が待ち望んでいま

記事を読む

地域デザイン特別校外学習in豆紀&和大講演会

2018年3月15日(木)春休み初日に授業地域デザインが企画する特別校外学習を行いました。 午

記事を読む

no image

音楽の集いと出逢い

りらでは、特別講師の先生方も、 新しい芸術と出会うことがあります。 そうした芸術同士の出逢いから新し

記事を読む

12月20日 高大連携ゼミナールin和歌山大学

2017年12月20日 りら創造芸術高等学校と和歌山大学観光学部による「高大連携ゼミナール」が和歌山

記事を読む

地域デザイン 地域フィールドワーク 志賀野ベース写真展見学&和紙工房あせりな見学

今回の地域デザインの授業は、「志賀野ベース」で開催された写真展「志賀野の調べ」を見学に行きま

記事を読む

松竹新喜劇代表渋谷天外様ご来校

校長室より 先日、松竹新喜劇代表の渋谷天外さんが学校にお見えになり、生徒達に舞台人

記事を読む

学校の癒し犬「ばなな」の訃報

平成18年 1月 学校犬「ばなな」は、りらの前の道をさまよっていました。 名前の由来は、

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
すわん江戸村公演観劇「知覧の母」

 八月二九日(月)、海南市にある演劇集団・すわん江戸村の公演「知覧の

モクロウプロジェクト 夏の研修

夏休みを利用して、りらファクトリーのメンバーは大阪府摂津市にある化粧

no image
全国高等学校軽音楽コンテスト和歌山県予選 優秀賞

 7月15日(金)和歌の浦アートキューブにて「全国高

宝塚歌劇団観劇

 6月21日(火)宝塚歌劇団の花組公演、ミュージカル『巡礼の年~リス

ほたるナイト開催

6月11日(土)保護者交流会として、今年度最初の舞台「ほたるナイト」

→もっと見る

PAGE TOP ↑