*

12月20日 高大連携ゼミナールin和歌山大学

2017年12月20日 りら創造芸術高等学校と和歌山大学観光学部による「高大連携ゼミナール」が和歌山大学にて行われ、授業「地域デザイン」で地域をテーマに調査した学習の発表や「地域資源の活用」をテーマにしたワークショップが行われました。

今回のゼミナールは、昨年度紀美野町と和歌山大学との間で、包括協定が締結されたのを機に、ともに農山村における地域資源の発掘・利活用方法、更には農業・農村の新たな価値創造について実践的に学ぶ高校生と大学生とが、相互に連携・交流することを通じて「地域づくり」を牽引する人材としての素養を高め、成長することを目的に、本年度から始まった取組です。

「若者・よそ者から見た紀美野町の魅力」をテーマに開催した前回(詳細はこちらの記事で)の内容を受けた「次の一歩」として、りら生が取り組んだ研究・実践を3本立てで報告するとともに、「地域資源を活用した地域活性化の可能性」をテーマとして、ワークショップ形式で熟議しました。ワークショップは、普段からフィールドワークを通じて農山村地域が抱える課題や可能性を体感し、様々な表現方法で発信するアクティブラーニングの視点で展開しました。

_MG_5707

和歌山大学の教室には、地域デザインの受講生以外にも、紀美野町関係者はじめ、和歌山県関係者、DMOや和歌山社会経済研究所の関係者、卒業生など、地域活性化に関心のある方々が集まりました。

最初は、学校の周辺でも普通に見られる「無人販売」に関心をもって、調査・実践を行うグループの発表です。

海外の方からは、日本の街中で普通に見られる「自動販売機」ですら不思議に映るそうです。

では無人で販売を行っている光景はどう映るのでしょうか?

また、その販売方法にどのような課題があるのかを実践を通して調査する活動です。

_MG_5739

_MG_5768

次の発表は、「葡萄櫨の原木」調査です。

この調査を通して、消えたとされた天然記念物「葡萄櫨の原木」を発見することができたことを発表しました。

また、原木を取り巻く自然環境が現状で厳しいことから、保護する対策を早急にとる必要性も訴えました。

この発表は当日の産経新聞社の夕刊でも取り上げていただき、注目していただいています。

1年生2人の発表でしたが、堂々と発表していました。

この調査は、このブログで詳細をレポートしています

_MG_5780

続いては「真国宮に伝わる納豆」の発表です。

地域デザインでは、4年前に「真国川流域の納豆文化」に関する調査を開始し、今までに200軒以上の聞き取り調査を行い、和歌山県に残る手作り納豆文化を発見しました。(詳細はこの記事を参照ください)

その後、600年前から続くとされる地域芸能「御田」の台詞に「納豆」が現存することに注目し、「御田」が伝承されてた2つの地域でも手作り納豆の風習が残ることも発見しました。(詳細はこの記事を参照ください)

今年のメンバーは、今まで各地区数軒ずつ「点」で行ってきた聞き取り調査を全戸を「面」のように調べる(悉皆調査)ことに挑戦し、「地区によって作り方が異なる」との知見を得たことを発表しました。

IMG_5810

納豆班は、昔ながらの製法で納豆を手作りしました。

IMG_5814

上記の3班の発表が終了してから、和歌山大学観光学部長藤田教授の講義がありました。

続いて行うワークショップでキーワードとなる「6次産業化」や「地域資源」などの言葉をわかりやすく、そして深く解説してくださいました。

_MG_5865

ワークショップでは「地域資源を活用した地域活性化の可能性」を・無人販売・葡萄櫨・納豆をテーマにグループ討議の形で行いました。

_MG_5885

生徒や教員、大学生や、県職員まで。異なる立場にいる参加者が地域資源として、どのような可能性があるのかを話し合いました。

IMG_5893

参加者からは、「発見や発掘した文化資源をどのように地域に還元していくか」という課題提起や、「これらの文化資源を使って芸術高校ならではの映画を作ってみては?」といった意見など、真剣な議論が巻き起こっていました。_MG_6002

ゼミ修了後には、藤田学部長自のご案内で観光学部棟の見学をさせていただきました。

観光学部の専門領域の広さに驚きました。

_MG_5983

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

ほたるナイト2019

6月1日(土)11・12・13期生が今年度初めて取り組んだ校内イベント「ほたるナイト」が開催されまし

記事を読む

地域デザイン【林業特別授業】徳用林産物シイタケ栽培

2018年3月2日金曜日の午後に選択授業「地域デザイン」において、 和歌山県と女性林研のご協力

記事を読む

Lyra 演劇祭 展覧会告知

2014年11月15日(土)に本校で行われるが開催されます。 同日、12:30~16:00まで本校

記事を読む

第1回りらシアター開催の御礼

【第1回りらシアター開催の御礼】 9月22日(土)紀の川市貴志川町かがやきホールにて、第1回りらシ

記事を読む

no image

【告知!】25年度 りらフェスティバル~小さなりらと真国の大きな和~

7月14日(日)に、本校にて開催される夏祭り、 「りらフェスティバル~小さなりらと真国の大きな和~」

記事を読む

テレビ取材 ブドウ櫨

授業地域デザインでは、京和ろうそくの原材料になるブドウ櫨についても調べています。 櫨(

記事を読む

no image

音楽の集いと出逢い

りらでは、特別講師の先生方も、 新しい芸術と出会うことがあります。 そうした芸術同士の出逢いから新し

記事を読む

学園設立 10周年記念

2017年1月14日土曜日13時 学校法人りら創造芸術学園 開学10周年記念行事  

記事を読む

向陽高校(SS探究科学Ⅱ)との授業連携で調査。「ブドウハゼのDNA一致」

向陽高校(SS探究科学Ⅱ)との授業連携で調査。「ブドウハゼのDNA一致」 2019年1

記事を読む

ここはふるさと旅するラジオ出演決定!!

  NHKラジオの全国放送にりら創造芸術高等専修学校が出演します。 番組名は『ここはふるさと

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
no image
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

no image
12月14日(土)SNOW DAY開催のお知らせ

12月14日(土)に学校説明会および生徒による有志発表のイベントとし

no image
【校外発表】中学校での芸術鑑賞教室

やっと秋らしい晴天がやってきた10月の終わり、 近隣の中学校に

授業こぼれ話「きつねの小判」の由来仮説

きつねの小判という子どもの遊びをご存知だろうか? 「き

第2回 吉田製蝋所見学

授業「地域デザイン」葡萄櫨の原木調査の一環で海南市にある 全国

→もっと見る

PAGE TOP ↑