*

地域デザイン 地域フィールドワーク 志賀野ベース写真展見学&和紙工房あせりな見学

公開日: : 地域デザイン授業記録簿, 最新情報

地域デザインブログ用イメージ

今回の地域デザインの授業は、「志賀野ベース」で開催された写真展「志賀野の調べ」を見学に行きました。

志賀野ベースとは、紀美野町東野で地区の魅力を発信するため、地元NPO「未来de志賀野」がコンサートや展覧会、ワークショップに使える交流拠点として古民家を改修した場所です。

今回は、未来de志賀野の代表大隅様の御厚意で特別に展示会場を開放していただきました。

IMG_9204

見た目は、普通の古民家のようです。昨年末から地域の皆さんが中心になって改装したそうです。

IMG_9206

真新しい畳の上に作品が配置されていました。

キャプションが効果的に配置されていたのが印象的でした。

花、落ち葉や背景など、ここで撮れたとても綺麗な写真ばかりでした。

手漉きの和紙に直接印刷された作品もありました。

IMG_9195

写真を、天井から吊るされ凸凹に加工した和紙に投影しています。

凹凸で写真が動画のように揺れ動き、不思議で魅力的な展示になっていました。

お話を聞いたところ、初めは揺れるように写真を見せるつもりは全く無かったらしいのですが、和紙を吊るして写真を投影してみると動いて見えて、「これいいなぁ!」となったらしく、和紙が揺れるよう、部屋の隅に扇風機が置かれています。

裏から見ると、また違った見え方をしていてどちらもとっても綺麗でした!

IMG_9190

展示部屋の裏を進むと、ジブリ映画「となりのトトロ」でしか見たことがないくらい今では珍しい「へっついさん」がありました。実際にお米を炊けるそうです。

このお釜で炊いたお米はとっても美味しいそうです。

井戸の水は、この時期でもとても冷たく、果物を冷やしたりする用途にも十分に使えそうでした。

この井戸の水でお米を炊いたらもっと美味しいだろうなぁ…と想像しながら見学させて頂きました(笑)

IMG_9200

この写真展を見学しているときに、作品を引き立てるのに一役買っていた「手漉き和紙」を作る工房が近くにありオープンしているとの情報を得ました。

是非見てみたい!ということになり、志賀野ベースから車で5分(ドーシェルさんから車で2分)。釜滝薬師さんのお隣の「工房あせりな」さんの見学に行きました。

IMG_9257

こちらも古民家を改装したおしゃれな作りになっていました。のれんが和紙なのがとっても印象的で、京都に来たような雰囲気がしてとても落ち着きました。

IMG_9335

原材料となる楮(こうぞ)は、県外から取り寄せ、一本一本ゴミを取り除き使用されているそうです。

紀美野町には、紙の原材料になる楮の原種でもあるヒメコウゾが無数に生えているらしく「紀美野町で原材料を作りたい」とおっしゃっていました。すてきな試みだなあ~と感心しました。

今回も同行いただいた特別講師で高野山大学の森本先生によると高野山では、昔から紙の消費が盛んだった。そうです。

一説によると世界遺産「細川紙」のルーツは高野山麓の紙にあったそうです。

高野山の寺領であるこの場所で紙漉きが復活したら素敵だと思います。

IMG_9263

紙づくりの工程をご説明頂いています。

5日間の手作業を行い丁寧に作った原材料で、たった100枚の紙しか漉けないとのことでした。

IMG_9267

もうすぐ体験ワークショップを行うこともできるようになるとのことでした。

生徒たちからは「やってみたい!」という声がたくさん聞こえてきました。

以後、学校と相談したいと思います。

IMG_9291

隣接しているお店には、和紙を活版印刷でデザインした、おしゃれなメッセージカードが売られていました。

普通の和紙を売っているお店よりも値段がとっても安かったです。和紙は、普通の紙で印刷するよりも和紙でしか出せない味があるし、メッセージカードを作るのにも可愛いしオシャレだと思ったので、ぜひ買ってみては?と思いました!

今では、珍しい活版印刷の文字がとても印象的で、購入する生徒もいました。

IMG_9306

 

 

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

新入生の初ブログ投稿!りら生にインタビュー

  こんにちは。新入生のK.SとM.YとY.Sです。 今回は新しい生活がス

記事を読む

向陽高校(SS探究科学Ⅱ)との授業連携で調査。「ブドウハゼのDNA一致」

向陽高校(SS探究科学Ⅱ)との授業連携で調査。「ブドウハゼのDNA一致」 2019年1

記事を読む

地域デザイン【林業特別授業】徳用林産物シイタケ栽培

2018年3月2日金曜日の午後に選択授業「地域デザイン」において、 和歌山県と女性林研のご協力

記事を読む

no image

授業『世界史』より

りら創造芸術高等学校の世界史の授業では、様々+な時代、テーマについて個別に調べたり考えたりした内容

記事を読む

no image

音楽の集いと出逢い

りらでは、特別講師の先生方も、 新しい芸術と出会うことがあります。 そうした芸術同士の出逢いから新し

記事を読む

「りらフェスティバル2015」開催しました!

こんにちは!3年生のO.Mです。 昨日7/19(日)「りらフェスティバル」無事終了致しました!

記事を読む

りら生 ラジオ生出演 WA!ERA 和歌山放送

2016年4月16日 和歌山放送の番組「WA!ERA」にりらの生徒と教員が生出演し、学校を紹介しまし

記事を読む

no image

手漉きの卒業証書が出来上がりました

新型コロナウイルスの影響により、休校となってから約1週間が経ちましたが、本校では、教職員等によって

記事を読む

後期総合発表会まで、あと4日!

後期総合発表会まで、あと4日! 今回は、「りら」の仕事分担の仕組み「部署」に注目して、 各部署の

記事を読む

no image

ダンスの発表!@りらフェス

りらフェスティバル(7月21日開催)では、 和太鼓の発表の他にもう一つ、『ダンス』の発表がありました

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
サマースクール2021

8月7日~8日、サマースクールが開催されましたἳ

サマーフェスティバル開催

7月24日(土)、紀美野町文化センターにおいて、サマーフェスティバ

no image
新聞掲載情報

7月15日(水)付けの読売新聞朝刊において、7月31日(土)から開

『モデル撮影、スタジオワーク』の特別授業

7月1日(木)に、毎年恒例となっている、『モデル撮影、スタジオワー

ほたるナイト開催

2021年6月19日(土)今年度はじめての行事となる【ほたるナイト

→もっと見る

PAGE TOP ↑