*

セレブレーション100!宝塚 観劇

公開日: : 最終更新日:2014/07/25 最新情報

セレブレーション100!宝塚 を梅田芸術劇場に観劇に行きました。

本公演は、宝塚歌劇の100周年を祝して、永遠に語り継がれる宝塚歌劇のえりすぐりの名曲・名場面を、
伝説のトップスターたちによる歌とダンスで繰り広げるショーステージです。

本公演には、本校講師で元宝塚歌劇団月組男役の天翔りいら先生が出演していました。

繰り広げられる名曲とダンスに、観劇した生徒は目を輝かしていました。

IMG_4602

IMG_4666

生徒感想文
1年生 男子
宝塚100周年の舞台。
僕は宝塚については全くの無縁でした。なので凄く楽しみにしていた舞台です。
まずは館内の内装の綺麗に驚きました。天井には大きなシャンデリアがあり、それには圧巻されました。
そして舞台が始まると最初は歌から始まりました。

歌はマイクを通しているとはいえ、凄い声量でその力強が心に響き渡り凄く感動しました。

ダンスは一つひとつの動きにキレがあり、なめらかさや,かっこよさによって手足の動きが違い、
指先までしっかりキレがありました。
あと男役のダンスと娘役のダンスとでは手足の動かし方,声,表情を変える事によって違いを出しているのが分かり、
同じ人でも全く違う印象があったのには驚きました。

後ろには沢山の楽器があり、その方達の楽器演奏は凄い迫力でした。

あと注目してみたところは 照明です。
あらゆる角度からあてる照明で様々な雰囲気を出し、後驚いたのは舞台上に四角い幕が下りてきて
その幕の表面が模様になって光る照明にはビックリしました。

そしてあっという間に3時間が過ぎて、舞台が終わった後は公演終わりにりらの講師でもある、
天翔りいらさんに会えました。
とてもスタイルが良く凄く美人な方で、またいつかダンスや歌についての事を習いたなと思いました。

本当に貴重な経験で今回みて学んだ事は次からの自分たちの舞台に活かし、素晴らしい舞台を作って行きたいです‼

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

ほたるナイト2019

6月1日(土)11・12・13期生が今年度初めて取り組んだ校内イベント「ほたるナイト」が開催されまし

記事を読む

真国丹生神社で奉納、真国御田の舞がありました!

こんにちは! 10期生山下です。 2月2日(木)に学校から歩いて5分ほどの所にある、真国丹生

記事を読む

日常の一コマ

今日はりえ先生が浩宜(はるのぶ)君を連れて学校に遊びに来てくれました。 出産後初めてのお披露目でし

記事を読む

第9回入学式

みなさんこんにちは。 8期生のT・Aです。 最近は暖かくなってきましたね~。 りらでは今年も新

記事を読む

2020年度後期総合授業発表会

2021年2月13日(土)に2020年度総合授業発表会「はっしん」は新型コロナウイルス感染症の影響

記事を読む

no image

野焼きで「陶芸」

今週は「野焼き」をしました。 「野焼き」とは、 (火曜の「陶芸」の時間で製作した)陶芸作品を、 土に

記事を読む

総合授業発表会報告 

2019年2月17日(日)に開催された平成30年度総合授業発表会「43色のいろえんぴつ」が無事に幕を

記事を読む

~ふるさと劇団海南座に出演決定!!~

▼旗揚公演 「ウルシノネイロ。」 ~鳴り止まない海南ロック~ ▼日時:2014年3月8日(土)

記事を読む

「部署紹介コーナー」第一弾

りらのー!部署紹介コーナー!! 皆さん

記事を読む

授業【地域デザイン】 ブドウ櫨の原木を探す

授業地域デザインでは、京和ろうそくの原材料になるブドウ櫨についても調べています。 ht

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第42回近畿高等学校総合文化祭郷土芸能部門に出場!

2022年11月27日(日)、有田市民会館紀文ホールで開催された第

第42回近畿高等学校総合文化祭開会式に出演

2022年11月19日(土)、和歌山県民文化会館大ホールで第42回近

2022年度中学校公演が始まりました!

昨年度に引き続き、今年度も計5校の中学校の文化行事・文化鑑賞教室にお

第5回りらシアター 閉幕

2022年11月5日(土)第5回りらシアターが無事閉幕いたしました!

りらのマフィンにミニサイズができました!

写真のお皿に乗っている左側が、これまで販売していたサイズ。右

→もっと見る

PAGE TOP ↑