*

ドイツ海外公演 番外編【強制収容所見学研修】

公開日: : 最終更新日:2019/01/08 最新情報, 海外研修

海外公演のために、ドイツ国ベルリンに行きました。

公演終了後、ドイツの歴史を学ぶ研修を行いましたので報告します。

今回訪れたのは、ナチスドイツが最初に作った強制収容所として、その後の収容所の形態に大きな影響を与えたとされる「ザクセンハウゼン強制収容所」です。

1

収容所は住宅街の中に立っています。

センターハウスを抜けると長い塀沿いを歩きます。

ところどころに監視塔が設置されています。

塀の切れ目の入り口の奥には白い建物が見えます。

2

白い建物を抜けると収容所の内部になります。

鉄の門の上部に文字が書かれています。

「仕事をすると自由になる」という意味なようです。

3

人々に希望を与えようとする管理者の思惑が見えますが、

その実情は過酷な労働と残虐な拷問と死だった。ということは、歴史の教科書で学んだ通りです。

この言葉は、アウシュビッツをはじめ、各地の強制収容所でも掲げられています。

 

門を抜けると、荒涼としたスペースが現れます。

ほとんどの施設は壊されて土台だけになっていますが、数棟は復元されて中が公開されています。

5

寝室は、3段ベットです。

6

おそらくお風呂でしょうか。緯度は北海道と同じくらいなので、冬は凍てつく極寒です。

入りたいとは思えません。

8

宿舎から一枚の壁をはさんで、掘り下げられた場所に行きました。

9

 

10

政治犯や反逆者などの銃殺刑に使われた死刑場でした。

その隣には、ご遺体を火葬する焼き場がありました。

収容された人自身がご遺体の運搬から焼却まで「仕事」として行ったそうです。

11

この施設を見学して、残った感情は「恐怖」「無念」「嫌悪」「罪悪感」など、負のものばかりでした。

そこには「希望」「夢」「感謝」などは皆無に感じました。

何故このようなことを行ったのか?という疑問と同じくして、

「何故このような施設を残し、公開しているのか」という疑問を強く感じました。

そのようなことを考えているとき、火葬場の入り口に立てられた石碑が目にとまりました。

12

意味を訳すると、

“彼らは国籍にかかわらず、あのとき完全な軽蔑と憎しみの中、拷問に掛けられ殺され、毒ガスで殺され、餓死させられ、焼き殺され、絞首刑になった。

そのことを忘れてしまえば、ヨーロッパに未来はない。唯一わかっているのはそれだけである。”

といったところでしょうか。

この施設にこめられたメッセージは「反省」と「未来」なのか。と思いました。

反省の上に作り上げられた「国家」が掲げるビジョンは、近隣の国々にも大きな影響を与えたのでしょう。

2度の敗戦という厳しい現実の中、ドイツがヨーロッパの中心になれた要因の一つだと感じました。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

窯見学【陶芸】

7月10日火曜日の授業【陶芸】では、 いつも授業で教えて下さっている 平岡先生の窯場を見学に行きまし

記事を読む

りらフェス告知

皆様、雨の日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 私達生徒は、7月13日(日)に本校で行

記事を読む

学校案内が出来ました!寮生で送付作業!

こんにちはー!10期のKです! 今日は、 寮生で、学校に残って学校案内の送付作業をしました!!

記事を読む

13日日曜日、「芸術の世界で生きるには」をテーマにした 第4回りら教育講演会を開催しました。 本

記事を読む

no image

【告知】世界民族祭2018 Vol.2 開催

10月に開催されたvol.1「アフリカの輝き」に続いて、世界民族祭2018vol.2 「今、そして未

記事を読む

【告知】「りらフェスティバル」のオーディションが行われました!

こんにちは!2年生のC.Aです。 昨日は、和歌山では久しぶりに大雨となりましたが、そんな中りらでは

記事を読む

no image

バンドの練習

総合芸術の時間では、 生徒達が、自分たちでさまざまなことにチャレンジしています。 その一つ、バンドは

記事を読む

世界民族祭2018 VOL.1「アフリカの輝き」開催

毎年大きく成長してきた世界民族祭が、10年目を迎えた今年。 初心に立ち返り「世界の子ども」をテ

記事を読む

no image

「後期総合授業発表会」のリハーサルがありました。

みなさんこんにちは!学校のある地域では、最近よく雪が降っています。みなさんもまだまだ寒さには気をつけ

記事を読む

no image

五月八日火曜日

五月八日火曜日 りらでは、りらの一部の生徒たちで野菜も育てています。 最近は雨も降ったので、草がGW

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
no image
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

特別授業【モデル撮影の現場】

6月13日、りら創造芸術高校でモデル撮影の現場を体験する特別授業があり

宝塚観劇

6月7日(金)宝塚歌劇団の雪組公演「壬生義士伝」と、ショー「Music

特別授業 建築家「広谷 純弘先生」 ベーシスト「清水興先生」

6月6日(木)りらでステキな特別授業が開催されましたのでご報告します。

ほたるナイト2019

6月1日(土)11・12・13期生が今年度初めて取り組んだ校内イベント

→もっと見る

PAGE TOP ↑