*

「NPO法人映画甲子園主催『高校生のためのeiga worldcup 2016』ダンスミュージック部門にて、最優秀作品賞を受賞しました!

公開日: : 最新情報, 課外活動

りら創造芸術高等学校の映像部が、「NPO法人映画甲子園主催『高校生のためのeiga worldcup 2016』ダンスミュージック部門」にて、最優秀作品賞を受賞しました!

授業映像では、3年生1名、2年生2名、1年生1名の計4名と、2名の講師の先生と一緒に授業を作っています。主に、映像表現の中の演出・撮影技術を学び、実際に本格的なカメラやマイク、音響機材に触れて映像を製作することにより、機器の具体的な使い方と知識を、能力として身につけることを目的としています。授業中に飛び交う専門用語に戸惑うこともありましたが、講師の先生方が分かりやすい解説と説明をして下さり、初心者の私たちも毎時間コツコツと知識を増やすことができています。

cid_9aaa94d1-a2b7-458a-903b-1adf737d0b0d

9/9の3,4限目と、9/10,11の3日間の撮影の様子です。

学校の教室を一掃して、撮影スタジオに改装しました。

2名のキャストと、4名の授業選択者、2名の特別講師さんに協力していただき、無事撮影を終えることができました。

cid_186781ac-5f85-4c4a-bd27-aa8b8dac39f1

cid_2542f917-8f7b-4c60-99ac-14b6e22d7dd0

そして、11/20に、青山学院講堂で行われた「表彰式&最終審査結果発表会」の様子です。

cid_151abbd6-71ea-4221-a943-b47d1792d698

自由部門入賞校の方々です。

cid_a7e0fbcf-e496-4ec1-ac12-526de6d5285a

全国から、全ての部門合わせて、115作品の応募があったそうです。

私は、今回応募した「Artifact」では、監督、撮影、脚本、演出、編集、出演など、させていただきました。

映像の制作を中心になってするのは初めてだったので、緊張しましたが、周りの授業映像のメンバーのフォローや、特別講師の先生のアドバイスがあり、無事一つの作品に仕上げることができ、さらに、最優秀作品賞という名誉な賞を頂けて、本当に光栄に思います。

この場をお借りして、この作品の解説をしたいと思います。

この作品は、一つの思想が柱になっています。

「人を作りし者は人。全ては貼り付けの作り物、人工物である。」 

人はみんな、いくつかの「顔」を持っている。例えば、「先輩」例えば、 

「友達」例えば「自分」。俗にいう「素の自分」というのも、「自分」とい う人工物が作り出した、一番居心地の良い自分の「顔」である。その作り 物は、いつどこで誰が壊すかさえわからない、とても不安定で脆いもので も、人とは、それに喜怒哀楽愛憎を向けて、精神的影響を受けなければな らない、天から与えられた「義務」がある。そして、誰に笑われても、誰 に愛されても、誰に嫌われても、全て「人工物」として、「自分」や「相 手」を改善、改悪する力を生まれながらに持っているのも、また人である。 

例えば、目の前にいる友達が、刃物を潜ませていても、自分は友達という人格を、剥がすことも、さらに他の何かを重ねることもできるということ。

例えば、自分の助けた人に裏切られても、助けたことが自分にとって正義だったことと同じように、それが相手にとっての正義であったということ。

例えば、誰もが同じように愛を受けとることは、できないということ。

Artifact」は、youtubeで誰でも視聴可能です。

まだご視聴されていない方も、視聴済みの方も、是非ご視聴下さい。

これを見て、みなさんに何か一つでも伝われば幸いです。

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=OR3z1mPEldI

http://www.eigakoushien.com/saishuu2016.php

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

授業こぼれ話「きつねの小判」の由来仮説

きつねの小判という子どもの遊びをご存知だろうか? 「きつねの小判を100個集めると願

記事を読む

no image

天文学

この金曜日の2時間目は、 地元『みさと天文台』から特別講師の方を招いての授業でした。 ちなみに『みさ

記事を読む

~ふるさと劇団海南座に出演決定!!~

▼旗揚公演 「ウルシノネイロ。」 ~鳴り止まない海南ロック~ ▼日時:2014年3月8日(土)

記事を読む

no image

24年度「総合発表会」を終えて

2012年02月24日にりらで行われた 24年度「総合発表会」の写真をお送りします。 ty

記事を読む

Lyra 演劇祭 展覧会告知

2014年11月15日(土)に本校で行われるが開催されます。 同日、12:30~16:00まで本校

記事を読む

no image

お月見会

火曜日は、中秋の名月。 学校近くの「みさと天文台」へ、 みんなでお月見に行きました。 この日は「天文

記事を読む

カンボジア研修報告 最終日

【カンボジア研修最終日】 あっという間のカンボジア研修も、いよいよ今日で最終日となりました。

記事を読む

no image

運行中の電車でミュージカル!?

来る11月10日・11日に学校を会場に開催される 世界民族祭in真国《紀美野》をPRしようと、本校生

記事を読む

内閣府事業で海外青年団が視察のため来校しました

2018年2月22日、平成29年度地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」(FY201

記事を読む

no image

【告知第二弾!】25年度 りらフェスティバル~小さなりらと真国の大きな和~

今回は、 「りらフェスティバル」の詳細について お伝えしたいと思います! --&#

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
no image
清水興先生特別授業

2月17日、音楽表現の授業で特別授業がありました。 本日の先生

no image
校内での真国御田春鍬規式

2021年2月18に、紀美野町真国地区に伝わる「真国御田春鍬規式」の

2020年度後期総合授業発表会

2021年2月13日(土)に2020年度総合授業発表会「はっしん」は

no image
オーガニックコスメ製作プロジェクト~地元産100%で作る手作り化粧品~香料製作編

りら創造芸術高等学校の選択授業「プロジェクト地域おこし」では、地域に

プロジェクト美術による校門のモルタル造形作品

2021年の年明けからプロジェクト美術では、モルタル造形作家の眞砂先

→もっと見る

PAGE TOP ↑