*

カンボジア研修報告 3日目~4日目

公開日: : 最終更新日:2019/01/08 最新情報, 海外研修, 課外活動

【カンボジア研修3日目】
3日目は、全員が早朝の4時半から起きて世界遺産・アンコールワットへ。
ホテルを出る頃は辺りはまだ暗く、星が輝いていましたが、アンコールワットへ到着すると遺跡が美しく朝靄に包まれていました。

3日目1
遺跡の向こうから朝日が昇るのを全員で見た後は、内部を見学しました。

3日目2
造られた当初は、ヒンドゥー教の寺院であったのですが、12世紀ごろには仏教寺院としても用いられていたそうです。
アンコールワットの大きさは寺院全体で面積は約200ha。寺院の内部は細部に渡って美しい彫刻が施されていました。

3日目3


他にも、タプローム遺跡やバイヨン寺院など、カンボジアを象徴する世界遺産を巡ったのち、次の目的地であるプノンペンへ出発しました。

3日目43日目5

空港へ向かうバスの車内で、シュムリアップでそれぞれが感じたこと、考えたことを話し合いました。
ある生徒は、カンボジアの人たちの明るさ、現地の子どもたちのキラキラした笑顔を見て、改めて自分のことを見つめ直すキッカケになったとのこと。
また、ある生徒は、ナチュラルバリュー工房のある村の人たち暮らしを見て、「今」を精一杯生きることの意味を考えさせられたと話していました。
他にもたくさん、感じたこと・考えさせられたことを思い思いに話していましたが、また改めて何らかの形で、りららしく舞台を通してお伝え出来ればと思います。

さて、明日はいよいよ!くっくま孤児院の子どもたちと約1年ぶりの再会です。
ステキな時間になりますように!

 

 

【カンボジア研修4日目】
プノンペンで迎えた朝は、シュムリアップと変わらずとっても暑い!今日も朝から30度近く気温が上がり、昼には34度ほどになりました。

さて、今日は朝からプノンペンにあるトゥールスレン収容所へ。トゥールスレン収容所は1976年にクメール・ルージュが革命のために医者や教師などの知識人をはじめ、多くの罪のない人々を捕らえ、尋問や拷問を行った場所です。もともとは高校だった場所を収容所として転用し、約三年ほどにわたり14000人から20000人の人々が収容され、生還したのはそのうちの7人と言われています。

4日目14日目2

たった約40年ほど前にそうした悲しい歴史があったカンボジアですが、そんなことがあったと微塵も感じさせないほど、今やプノンペンは大都市となり、人々は明るく逞しく今を生きていて、街は活気で溢れています。
そして、教科書でしか見たことがなかった場所に、実際に出向きその場を見たことは、それぞれの心に大きな衝撃を残し、このような事が再び起こる事がないようにと、深く理解出来たのではないかと思います。

午後からは、いよいよくっくま孤児院へ訪問です!再会の時間が近づくと生徒たちはドキドキワクワクが止まらない様子でした。
到着後は、くっくまの子どもたちがカンボジアの伝統舞踊を披露してくれました!小学生・中学生の子どもたちが笑顔と元気いっぱいに踊る姿に、こちらまで元気を貰いました!

4日目34日目44日目5
そして全員で自己紹介をし、夕飯の準備のため子どもたちと一緒に市場へ買い物へ。
夕飯をいただいた後は、サッカーをしたり、バレーをしたり、歌を歌ったりと、すぐに打ち解けたようで、暑い日差しの中、みんなが汗だくで走り回っていました。

4日目64日目7
夕食を食べ、その後も引き続き交流タイムです!
子どもたちの体力は無尽蔵なのか、1時間半ほどたっぷりとみんなでワイワイ楽しく音楽をかけて踊って踊って踊ります!くっくまの子どもたちのパワーに負けてられない!と生徒たちも時間を忘れるほどに体を動かし、全力でダンスを楽しみ、心を通わせました!

4日目94日目84日目104日目11

帰る頃にはヘトヘトで、それでもまだまだ時間が足りないと帰りのバスで言っていました。

さあ!いよいよ明日は最終日です!最後までしっかりと体験・体感して、元気いっぱいで日本に帰国したいと思います!

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

【告知】世界民族祭2018 Vol.2 開催

10月に開催されたvol.1「アフリカの輝き」に続いて、世界民族祭2018vol.2 「今、そして未

記事を読む

たむらけんじの「学校に行こッ!」で紹介していただきました。

本日、MBS(毎日放送)のTV番組、ちちんぷいぷいのコーナー「たむらけんじの学校に行こっ!」にて本校

記事を読む

no image

『第3回 卒業式』前日

卒業式の前日となりました。 この日はFWで、一日中明日の 卒業式の準備をしていました。 今回は、 卒

記事を読む

no image

2012年1月29日 真国御田 奉納

2012年1月29日 真国御田(正式名称:真国御田春鍬規式)を 真国丹生神社に奉納しました。 この芸

記事を読む

「部署紹介コーナー」第一弾

りらのー!部署紹介コーナー!! 皆さん

記事を読む

カンボジア相互交流活動の報告 その3

こんにちは! 先週に引き続き、今週も民族祭の企画で進行中のカンボジア相互交流企画の報告をさせていただ

記事を読む

実物大105cm望遠鏡模型製作日記 第7話 「電車でGO!」

先日行われた民族祭のPRイベントとして実施された民族祭列車に、望遠鏡の模型を展示し、発表を行

記事を読む

no image

TV番組「ちゃぶ台」収録

12月20日木曜日、本校でテレビ和歌山の番組「ちゃぶ台」の収録がありました。  ちゃぶ台のコンセプト

記事を読む

no image

【告知!】25年度 りらフェスティバル~小さなりらと真国の大きな和~

7月14日(日)に、本校にて開催される夏祭り、 「りらフェスティバル~小さなりらと真国の大きな和~」

記事を読む

no image

音楽祭が開催されました!

音楽祭について みなさんこんにちは。 さて今回は、9月25日にりらで開催された、「生きる底力シリーズ

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
no image
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

no image
【校外発表】中学校での芸術鑑賞教室

やっと秋らしい晴天がやってきた10月の終わり、 近隣の中学校に

授業こぼれ話「きつねの小判」の由来仮説

きつねの小判という子どもの遊びをご存知だろうか? 「き

第2回 吉田製蝋所見学

授業「地域デザイン」葡萄櫨の原木調査の一環で海南市にある 全国

特別授業【モデル撮影の現場】

6月13日、りら創造芸術高校でモデル撮影の現場を体験する特別授業があり

→もっと見る

PAGE TOP ↑