*

りらフェスティバル2011 無事成功!

公開日: : 課外活動

7月17日16時から本校において
第5回「りらフェスティバル2011~水と光で照らされる輪~」
が開催され、述べ500名の来場で賑わいました。
5回目の今回は、悲願だった屋外ステージの屋根が完成しました。
これは、地元の鉄工所の社長さんがボランティアを買ってでてくださり、
それを聞いた住民有志による 「真国芸術の郷プロジェクト」 の
メンバーの寄付と学校が材料費をだして実現したものです。
本校の立地する山間部では、天候が変わりやすく毎回イベントで雨に悩んできただけに、
その完成には本当に感動しました。
↓屋根の仕上げをする鉄工所の社長さん
DSC_4552.jpg
りらフェスティバルは本校の生徒たちにとって夏休み前の一大イベントです。
その準備作業はりらフェス前一週間のFW(フィールドワーク:イベントをつくるための授業の無い期間)
で行います。
照明から舞台装置作り、演目の練習や広報活動までたくさんの活動を行います。
この期間、生徒たちはまさしくその言葉のとおり寝る間も惜しんで
活動に専念します。
ここからは、写真でりらフェスを振り返りたいと思います。
DSC_1631_20110718114242.jpg
DSC_1668.jpg
りらフェスでの生徒初演目は祭りムード満載のジャズダンス
背中の文字は生徒が書いた古代文字「祭」をデザインしたもの
DSC_1779_20110718114242.jpg
各学年でも工夫を凝らした演目を創作します。
↓2年生の身体表現芸術?!「職種のアート」
DSC_2064_20110718114242.jpg
バンドの授業もあり音楽活動が盛んな本校では、
今回のりらフェスでもたくさんの音楽発表がありました。
JD4I7136.jpg
今回のりらフェスは天候にも恵まれました。
JD4I7769.jpg
日も暮れたころ、オリジナルで作った盆踊り「真国りら音頭」を踊りました。
DSC_2499.jpg
締めくくりは、東日本大震災チャリティー企画のろうそく100個に火を灯しました。
DSC_2513_20110718120439.jpg
生徒感想文・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2年生 女子
おつかれさまでした。
ミスは多々ありましたが無事に終了できて、本当に良かったです。
去年は豪雨にみまわれ、横殴りの雨に2、3、4期生は大慌てでしたが…、
今回、村の方々の寄付と鉄工所の方々のボランティアで、舞台に屋根をつけてくださいました。
生徒、先生、みんな大喜び!ありがとうございます。という気持ちでいっぱいです。
そのため、雨はぽつぽつふってしまいましたが、大きな支障もなくイベントを進めることができました。
本当にありがとうございます。
2年になってから6月の「ほたるナイト」、「りらフェス」の2つのイベントが終わりました。
今回私はフォローをうまくできませんでした。
これから一つ一つイベントを大切に精一杯こなしていきたいです。
それと同時に、自分が今したいことや将来に繋げていきたいと思っている歌やダンスを
レベルアップしていきたいです。もちろん五教科勉強も…汗
今回りらフェスは、生徒、先生、保護者、りらに関わってくださっている皆さまの協力で
大成功することができ、私は改めて「協力」の大切さを感じました。
終わっていない作業、会議などで何日も徹夜して頑張っていた皆さん、
本当におつかれさまです。
1年生女子
私は、こんなにもりらが大きく見えたのは初めてだった。
りらフェスのため、私達のために多くの人が協力してくれたおかげで、
舞台を本気の魂で走れたような気がする。
いや、実際そうだった。
だから、今回の舞台は素晴らしい思い出となった。
そして、りらフェスを終えた今、私は昨夜まで不安でいっぱいだった寮の自室にいる。
不思議な感覚だ。
今ではほどよい満足感と、「まだ眠りたくない」という気持ちでいっぱいだからだ。
だから、この感想文を書いているのだろう。
この1週間は「瞬く間」と表現してもいいほどの速さで、走り去っていった。
そして、その間にたくさん悩んで、笑って、不安を抱えて、楽しんだ。
たったそれだけのことが、私を幸せにさせる。
 私が今日感じた気持ち、全てが明日の私を作る。
このりらフェスまでの期間最高だった
楽しかった。全部楽しかった。それに尽きます!
お疲れ様でしたぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

TAPフェス

2009年12月12日 大阪市内の堀江にある、子ども文化センターで、 タップ特別講師の高橋先生も指導

記事を読む

映像表現&地域デザイン コラボ校外実習 in世界遺産高野山&心斎橋

現役カメラマンと映像作家の特別講師が直接指導する選択授業「映像表現」と、 地域に眠る文

記事を読む

no image

特別講師の授業

陶芸の専門、吉田恵美先生が陶芸の授業をしてくださいました。 和歌山の海洋生物を可愛くデフォルメした置

記事を読む

no image

「第5回 ほたるないと」のお知らせ

6月16日、 りらで今年度初のイベント「ほたるないと」を 公演します! このイベントは、主に保護者の

記事を読む

no image

蛍の季節です

最近、りらの周辺では夜に蛍を見ることができます。 真国川周辺では「ゲンジボタル」が生息しています。

記事を読む

校外学習 高野山へ

10月9日に校外学習ということで高野山に行きました。 学校からはバスで約1時間ほどで高野山に着きま

記事を読む

no image

24年度「りら舞踊祭」 オーディション

今日は 12月15日(土)に行われる舞踊をメインとしたイベント、 「舞踊祭」のオーディションがありま

記事を読む

no image

2012年度 始まりました

4月5日 中学校や高校で新学期が始まる中、 りらに久しぶりに、 賑やかな生徒の声が広い校舎内に、響き

記事を読む

蛍がピークを迎えていますin真国川

3年生で寮生のM.Yです。 今年から、カメラを本格的にはじめています。 今日は、鞍先生と

記事を読む

no image

演劇NIGELLA 公演

平成24年2月5日日曜日、紀美野町文化センターにて りら創造芸術高等専修学校の生徒が創作演劇NIGE

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

no image
令和元年度卒業証書授与式

2020年3月15日、卒業式が行われ、11期生が無事卒業しました。

no image
手漉きの卒業証書が出来上がりました

新型コロナウイルスの影響により、休校となってから約1週間が経ちました

no image
手漉き和紙 卒業証書作り

急に寒くなった2月。手漉き和紙の卒業証書を自ら漉くために11期生が

no image
ブドウハゼの原木が天然記念物に再登録!

2017年から授業「地域デザイン」の課題として調査しており、

no image
2019年度総合授業発表会 詳細について

2019年度 総合授業発表会『ReStart』 日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑