*

「真国地区に納豆文化」新聞掲載 授業「地域デザイン」

公開日: : 最終更新日:2018/07/15 和歌山の納豆文化, 地域デザイン授業記録簿, 授業紹介, 最新情報

地域デザインブログ用イメージ

2014年9月13日「真国地区に納豆文化」と題した記事がわかやま新報社で掲載されました。

納豆掲載新聞

この記事で紹介された納豆文化は、りら創造芸術高等専修学校の選択授業「地域デザイン」で

一年をかけて調査してきました。

地域デザインイメージ

 

授業「地域デザイン」とは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真のグローバルはローカルが繋がって出来ている。をテーマに、

学校周辺への聞取り調査(フィールド・ワーク)を通して、地域の魅力や不思議を発見し向き合うことで、

地域に核をもったアート活動を構築し、地域に眠る文化の活用を目的としたプロジェクト型選択授業です。

 

世界文化遺産「高野山」の西懐で学ぶ、全国から集まった高校生が地域の「生活遺産」を発掘し活用することを

授業目標にしています。

授業課題例

・塩納豆食文化の調査

・まくにのお寿司のブランディング、

・紀伊国名所図会のアニメーション表現による解析

等があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回新聞で取材していただいた納豆調査は、真国川流域に伝わる「生活遺産」のひとつ

納豆文化の分布調査です。

 

この調査は、2013年7月のフィールド・ワークで地域の古老から聞いた

「この地域では古くから納豆を塩で味付けし食べます。この納豆は落ち武者が伝え、

根来窪地区(現在は紀の川市に位置し消滅集落となっています)に伝わり広がった

と聞いています」との聞取りから始まりました。

ここで言う落ち武者とは、天正13(1585)年、豊臣秀吉の根来攻めにあって、根来窪に落ち延びた

根来寺の僧兵らのことです。

現在日本で最も『納豆を食べない県』である和歌山県の山間部において、

昔から食べられている納豆食文化に興味をもち、

2013年度はその特徴と作り方を調査しました。

また、塩での味付けや、歴史的背景などの点で共通点が多い、京都右京区山国地区への調査に行きました。

そして本年度は、その分布域を探ることを目標に調査を続けました。

 

この調査で1年間に100件以上の民家をまわり、以下のことがわかりました。

1.当地域に伝わる納豆文化は、その製造法の特徴と文化的背景から

納豆食発祥の地と云われる京滋地方から伝わった可能性があること。

2.当地域における納豆分布は、真国川周辺地区を中心に、婚姻圏にあった地域約8キロメートルの範囲で分布していて、

大正時代以前にはさらに広い広がりがあったが、生業や流通の変化などで作る家庭が少なくなっていること。

3.真国川上流部のかつらぎ町下志賀付近(鞆淵地区との境目)で納豆文化が見られなくなること。

 

ここで、興味深い話があります。

納豆は源義家という武将が兵糧として発見し全国に広がったという説があります。

この源義家は、別名を「八幡太郎義家」といい、京都の石清水八幡で元服をするなど、八幡信仰と深いつながりがありました。

実は、本調査で納豆文化圏の上流端とされる鞆淵地区は、石清水八幡宮領だった地区で、現在国宝となっている

沃懸地螺鈿金銅装神輿(いかけじらでんこんどうそうみこし)を奉送されるなど、深いつながりがありました。

 

このことから、石清水八幡宮領内で京都から伝わった納豆製造法が定着し現代まで食べられているのではないか

という仮説を立てました。

確かに、海や都から離れた当地域において、大豆と塩を原材料に作る納豆は、農業を生業にする人々にとって

貴重な栄養源だったと考えられます。

 

今回、調査した分布範囲だけでは、この仮説を立証することはできません。

食文化は上でも述べたように、生業や流通の変化が大きく影響します。

柳田國男の周圏論も示唆するように、文化が入ってきた場所だから

そこに残っているということは必ずしも無いとも思います。

 

しかし、「生活遺産」の聞取りによって浮き出たパーツと、歴史のパーツが上手く合わさる

この仮説に、興味をそそられます。

 

りら創造芸術高等専修学校

教員 鞍 雄介

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

染色 藍染

校庭で染色 6月29日に講師のれいら先生が来て服飾の授業で染色をしました。 今回は藍染めをしました

記事を読む

no image

太鼓で練習

少し遅くなりましたが、 水曜日の「総合芸術」の授業のご紹介。 「総合芸術」では、『日本』をテーマに、

記事を読む

セレブレーション100!宝塚 観劇

セレブレーション100!宝塚 を梅田芸術劇場に観劇に行きました。 本公演は、宝塚歌劇の100周

記事を読む

12月20日 高大連携ゼミナールin和歌山大学

2017年12月20日 りら創造芸術高等学校と和歌山大学観光学部による「高大連携ゼミナール」が和歌山

記事を読む

no image

衣装作り

現在、 歌唱法の授業+ミュージカルの授業で、 ゴスペル+タップのコラボレーションを練習中です。 本日

記事を読む

りら工房 かいなんお菓子まつりに出店

10月21日日曜日、プロジェクト販売企画がかいなんお菓子まつりに出店しました。 お

記事を読む

no image

音楽の集いと出逢い

りらでは、特別講師の先生方も、 新しい芸術と出会うことがあります。 そうした芸術同士の出逢いから新し

記事を読む

特別授業「スタジオ撮影から学ぶ」

こんにちは!一年生のSです! 前回りらの特別講師で写真家の堀田賢治先生に寮の撮影をしていた

記事を読む

授業「地域デザイン」紀美野町の箕六弁財天を見学

金曜日の午後に開講する選択授業『地域デザイン』は、地域に眠る文化や自然など、地域への聞き取り

記事を読む

学校見学会がありました!

こんにちは!3年生のO.Mです。 10/12(月)、本校に関心のある皆さんへの学校見学会があり

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Comment

  1. […] 詳細は活動ブログ(「真国地区に納豆文化」新聞掲載 授業「地域デザイン」)をご覧下さい。 […]

朝日新聞、11月4日号に食文化研究の成果が掲載されました | ダンス・演劇・音楽・美術をプロから学べる高校 りら創造芸術高等専修学校 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

いよいよ‘りら’始動する!

校長室より いよいよ‘りら’始動する! 6月1日。本日よ

no image
令和元年度卒業証書授与式

2020年3月15日、卒業式が行われ、11期生が無事卒業しました。

no image
手漉きの卒業証書が出来上がりました

新型コロナウイルスの影響により、休校となってから約1週間が経ちました

no image
手漉き和紙 卒業証書作り

急に寒くなった2月。手漉き和紙の卒業証書を自ら漉くために11期生が

no image
ブドウハゼの原木が天然記念物に再登録!

2017年から授業「地域デザイン」の課題として調査しており、

→もっと見る

PAGE TOP ↑