*

世界民族祭2009

公開日: : 行事

DSC_0516.jpg
今回の記事も生徒が書いています。
11月23日に世界民族祭が行われました。
演目は、和太鼓や民族舞踊、ベリーダンス、能、ジャンベ、フラダンスと様々な国による出し物でした。
この世界民族祭の主催はりらではないんですが、生徒たちはスタッフとして一生懸命に参加していました。
ここで、民族祭を裏で指揮をとっていてくれた生徒の感想をのせたいと思います。
DSC_0139.jpg
DSC_0096.jpg
世界民族祭では色々な民族の発表があり、世界のブースもありました。
世界民族祭で僕はADの仕事をしました。トランシーバーを使い、音響さんに連絡したり、
出演者の対応をしたりして、本格的な仕事をしてるみたいで楽しかったです。大変だったけどおもしろかったです。
3年生  Y.Y
DSC_0702.jpg
この世界民族祭は本当に大きなイベントで大変なこともたくさんありました。
でもそれを乗り越えたことで私たち生徒はすごく成長することができました。
次のイベントからいかせていけたらいいなと思いました。
1月16日にりらで舞踊祭が行われます。
舞踊祭
テーマ 【時間を忘れる、踊りを感じる】
コンセプト「体を動かしているうちに時間を忘れていた」なんてことを経験したことがありますか?踊りも同じです。なんと、時間が過ぎていくのを忘れる効果があるのです。素敵な踊りを見て自然とワクワクしていたり、とても楽しい気持ちの時は自分でも気づかないうちに踊ってしまっていたり…など。そんなときは決まって時間が経つのが早いはずです。今回はそんな私たちの身近にある踊りを感じて時間を忘れてほしいと思います。
日付:1月16日
時間:13時30分~14時30分
場所:〒640-1205 和歌山県海草郡紀美野町真国宮56 りら創造芸術高等専修学校
内容:宝塚の方の講演・ジャズダンス・タップダンス・ストリートダンス…他
世界民族祭HP
りらのHP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

入学式  感動的な一期生の卒業式から一ヵ月半。 少し静かになって寂しくなっていたりらが、急ににぎや

記事を読む

no image

きのくにシンポジウム発表!(11月24日)

11月24日には、 姉妹校である「きのくに子どもの村学園」主催の、 きのくにシンポジウムが和歌山県橋

記事を読む

【速報】体験入学 でみさと天文台にいきました

本日、8月6日は年に一度の宿泊体験入学の日です。 この体験入学は在校生の参加希望者と、全国から

記事を読む

no image

南紀高校発表

11月21日に南紀高校で「ことばのちから」の発表がありました。 この日は民族祭の二日前だったり、他の

記事を読む

りらカフェ 無事終了!

りらカフェ5日間の営業がおわりました! 8月23日~8月27日にプロジェクト販売が企画した りら

記事を読む

no image

りらフェスにむけて

7月21日に行われる 『りらフェスティバル』に向けて、 現在準備をしています。 放課後の時間を使って

記事を読む

no image

第7回 入学式

4月7日日曜日、第7回入学式が挙行されました。 式典では入学生一人ひとりが抱負を語り、新しい学校生活

記事を読む

no image

世界民族祭列車内PR

みなさんこんにちは! 今日は10月18日土曜日、19日日曜日にりら創造芸術高等専修学校グラウンドに

記事を読む

no image

スーパーモーニング!

今回からこのblogを生徒も更新していくことになりました。 今までとは違う生徒目線の出来事を随時更新

記事を読む

「前期総合授業発表会」告知!

こんにちは!みなさんお久しぶりです。 夏休みも明け、りらでは早速次のイベントに向けての準備が始

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
no image
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

特別授業【モデル撮影の現場】

6月13日、りら創造芸術高校でモデル撮影の現場を体験する特別授業があり

宝塚観劇

6月7日(金)宝塚歌劇団の雪組公演「壬生義士伝」と、ショー「Music

特別授業 建築家「広谷 純弘先生」 ベーシスト「清水興先生」

6月6日(木)りらでステキな特別授業が開催されましたのでご報告します。

ほたるナイト2019

6月1日(土)11・12・13期生が今年度初めて取り組んだ校内イベント

→もっと見る

PAGE TOP ↑