*

生徒総合発表会2009 裏話

公開日: : 行事

3月15日午後1時から生徒総合発表会が開催されました。
生徒達はこの日の為に舞台設営から出演する演目の練習
お客様にテーマ「芸術は心を絆(つな)ぐ」を効果的に伝える
演出まで。。。
本当に全てを生徒自らがつくり上げました。
しかし、この舞台はすんなりと出来たわけではありません。
事件が起こったのは本番3日前の夜7時。
その日、やっと舞台を設営し終わって、
通しのリハーサルが行われました。
リハーサル終了後、その舞台を見ていた数人の大人が
「後ろの客席ではタップが見えない」
「せっかくの演出も距離が遠すぎて伝わってこない」
という意見が出ました。
そこで生徒達はミーティングを開き、話し合いました。
設営の準備に1ヶ月近くもかかり作ってきたこの舞台を
いったん0に戻すなんて絶対無理だろう。
私自身もそう思い悩んでいました。
「今年はこれでとりあえずやって来年から考えよう」
そんなことを考えていました。
しかし、生徒達が全員一致で出した結論は
「テーマを実現する舞台に近づけるために体育館を横向きに使う
レイアウトに変更しよう」
というものでした。
下の図の上側が3日前の舞台レイアウト
下側が本番のレイアウトです。
舞台
一言で舞台の方向変換といっても大変な作業です。
たとえば
照明と音響のケーブルあわせて約1kmを八の字で巻き取り。
専用に設計されて作っていた舞台道具を細かく作り直し。
ケーブルの長さを考えて配線する。
照明や音響の微調節をする。
わずか一年前までケーブルの正しい巻き方すら知らなかった生徒達が
DSC_3102.jpg
このような大作業をわずか6時間でやりきりました。
作業がひと段落したのは夜中の1時でした。
ちなみにこの日から生徒は全員で学校に宿泊することになりました。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

学校説明会・講演会とダンスの発表など

2008年3月2日(日)には、 校長による講演会『ダンスの世界で生きるには』と、 ダンスアートカンパ

記事を読む

no image

音楽祭 感想 

今回のブログも生徒が書いています。 私は今回の真国宮芸術の郷プロジェクト(音楽祭)は舞台に立たず、お

記事を読む

no image

きのくにシンポジウムについて

きのくにシンポジウムについて さて、前回紹介しました南紀高校での舞台と同日に行われたイベントについて

記事を読む

no image

りらフェスにむけて

7月21日に行われる 『りらフェスティバル』に向けて、 現在準備をしています。 放課後の時間を使って

記事を読む

潮岬青少年の家【宿泊研修】を行いました

4月28日(金)~29日(土)にかけて、集団生活を通して新入生との懇親を図ることを目的に、潮岬青少年

記事を読む

no image

10月12日の薪能本番に向けて出演希望者は特訓中です。 今日は紋付袴を着ての練習(着物はまだ完全では

記事を読む

no image

音楽祭

今回の記事も生徒が書いています。 音楽祭をやって、たくさん学びがあったなと思いました。。 おかげ様ブ

記事を読む

no image

「後期総合授業発表会」のリハーサルがありました。

みなさんこんにちは!学校のある地域では、最近よく雪が降っています。みなさんもまだまだ寒さには気をつけ

記事を読む

no image

南紀高校発表

11月21日に南紀高校で「ことばのちから」の発表がありました。 この日は民族祭の二日前だったり、他の

記事を読む

no image

入学式  感動的な一期生の卒業式から一ヵ月半。 少し静かになって寂しくなっていたりらが、急ににぎや

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

ドーナツ物語 最終話

*山上校長のFacebookより抜粋(9月6日)*

ドーナツ物語 第2話

*山上校長のFacebookより抜粋(8月20日)*

ドーナツ物語 第1話

*山上校長Facebookより抜粋(8月16日)*

祝 和太鼓部 県大会初出場初優勝

2020年9月13日、和歌山県ビッグホエールで開催された和歌山総合文

no image
授業『世界史』より

りら創造芸術高等学校の世界史の授業では、様々+な時代、テーマについて

→もっと見る

PAGE TOP ↑