*

特用林産功労者特別賞 受賞のお知らせ

_MG_9704

本校の授業「地域デザイン」で取組む「抹消天然記念物葡萄櫨の原木の再発見」が日本特用林産振興会より特用林産功労者特別賞として、表彰されました。

日本特用林産振興会(小渕優子 会長)が30日、東京都千代田区(KKRホテル東京)で、第32回特用林産功労者表彰式を開きました。
本式は、長年にわたって地域の特用林産に尽力した生産者らを表彰するもので、今年は23人の功績がたたえられました。

※特用林産とは、
「主として森林原野において産出されてきた産物で、通常林産物と称するもの(加工炭を含む)のうち、一般用材を除く品目の総称」 であり、キノコやタケノコ、備長炭まで、山林から得られる収益の半分程度が特用林産であると言われています。櫨の実から採れる木蝋(英名:Japan Wax)は和ロウソクやお相撲さんが髪につける鬢付け油などの原材料として昔から用いられた特用林産物です。

また、本年度 特用林産功労者特別賞 を創設し、栄えある第1回受賞者として、本校の授業「地域デザイン」で取組む「抹消天然記念物葡萄櫨の原木の再発見」が表彰されました。
受賞式では、会長で衆議院議員の小渕優子議員をはじめ、林野庁の本郷次長など、日本国の山林行政のトップが参列するなか、
長年特用林産に係わってきた大ベテランの先輩に混じり、生徒2名と教頭が出席。
「(本校の)授業で成し遂げた発見は、特用林産の振興に明るい話題を提供しました。」と表彰いただきました。

地域デザインは、「地域に眠る芸術の素材を発掘して世界に発信する」という授業目標のもと、地道な聞取り調査を続けています。

今回の受賞は、奇跡的に再発見に立ち会い努力した生徒たちだけではなく、 生徒の言葉を信じ動いてくださった本当にたくさんの方々の努力と、世代を超えて価値ある生活文化を継承してきた地域の方々と繋がりの結果だと感じています。

今後も地域を探究する授業活動を続け、地域の宝を芸術高校らしく探究したいと考えています。

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

Lyra 演劇祭 展覧会告知

2014年11月15日(土)に本校で行われるが開催されます。 同日、12:30~16:00まで本校

記事を読む

no image

植樹祭 毎年各都道府県で行われる全国植樹祭。今年は和歌山県で行われました。 天皇陛下による植樹は昭和

記事を読む

向陽高校(SS探究科学Ⅱ)との授業連携で調査。「ブドウハゼのDNA一致」

向陽高校(SS探究科学Ⅱ)との授業連携で調査。「ブドウハゼのDNA一致」 2019年1

記事を読む

no image

音楽祭が開催されました!

音楽祭について みなさんこんにちは。 さて今回は、9月25日にりらで開催された、「生きる底力シリーズ

記事を読む

no image

2012生徒総合発表会

2012年2月26日日曜日。 体育館に特設されたステージで 生徒総合発表会2012が開催されました。

記事を読む

no image

りらフェスの準備開始!

りらフェスに向けての準備が始まりました。 会場中央に立つやぐらに、水を使った仕掛けをつくるということ

記事を読む

カンボジア相互交流活動の報告 その3

こんにちは! 先週に引き続き、今週も民族祭の企画で進行中のカンボジア相互交流企画の報告をさせていただ

記事を読む

春フェスティバル開催!

4月29日(日)、本校では春の学校説明会及び、春の特別コンサートと題して「春フェスティバル」が開催さ

記事を読む

no image

話し合いの先に・・・

2月23日木曜日 昨日、りらでは生徒全員とスタッフも一緒に、 大きなミーティングが開かれました。 そ

記事を読む

no image

りらフェスティバル前日

りらフェスのリハーサル 明日のりらフェスに向けて通しのリハーサルが午後から野外ステージで行われていま

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
no image
第2回りらシアター 開催の御礼

2019年9月28日土曜日、和歌山県民文化会館小ホールにて開催された

no image
12月14日(土)SNOW DAY開催のお知らせ

12月14日(土)に学校説明会および生徒による有志発表のイベントとし

no image
【校外発表】中学校での芸術鑑賞教室

やっと秋らしい晴天がやってきた10月の終わり、 近隣の中学校に

授業こぼれ話「きつねの小判」の由来仮説

きつねの小判という子どもの遊びをご存知だろうか? 「き

第2回 吉田製蝋所見学

授業「地域デザイン」葡萄櫨の原木調査の一環で海南市にある 全国

→もっと見る

PAGE TOP ↑