*

宝塚観劇

公開日: : 行事

5月10日(月)には、宝塚歌劇団の月組み公演「スカーレットピンパーネル」を
観劇に行きました。舞台芸術を学んでいる私たちにとってとても良い機会になりました。
また、校長の娘さんでもある「天翔りいら」さんが出演しており、
舞台の後には挨拶をすることもできました。
DSC_0086_20100621131205.jpg
生徒の感想文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
GW明け初日、宝塚観劇に行ってきました。
観た演目は休みボケもすっ飛ぶような痛快ストーリー「スカーレット・ピンパーネル」。
フランス革命によって地位を追われ、命まで狙われるまでに追いつめられた貴族の亡命を
巡っての攻防を描いた作品です。
ストーリーにももちろん引き込まれたのですが、何より注目したのが舞台転換の早さです。
つい今まで宮殿の中だった舞台が、10秒後には船の上になっている。
舞台はフランスへイギリスへ、船の上へとくるくると移り変わるのに転換にはまったくと
言っていいほど時間をかけない。小さなことではあるけれど、そういう小さなところまで
気を配れることが、観客を飽きさせず物語に引き込む、宝塚のすごさだと思います。
私は去年も宝塚歌劇「エリザベート」を観ましたが、今回はまた新しい発見がありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
りらのHP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

「平成26年度卒業式」

皆さんこんにちは、桜が散り暖かくなって来た今日この頃ですね。 りらの桜も散り、最近では綺麗な緑の葉

記事を読む

no image

看板作り

りらには選択科目で「大道具」という授業があります。 平台や人形&人形たてといった舞台装置を作ったり、

記事を読む

no image

授業紹介 芸術系選択科目

こんにちは(^-^)/ 本日のブログは、この春からスタッフとして仲間入り致しました りら1期生の卒業

記事を読む

no image

りらフェスにむけて

7月21日に行われる 『りらフェスティバル』に向けて、 現在準備をしています。 放課後の時間を使って

記事を読む

no image

電車に揺られながら能楽!?バンド!? 世界初の試み 

今回も生徒が書いています。 11月7日、和歌山電鉄喜志川線電車内で、世界民族祭(11月22・23日)

記事を読む

_MG_1547

世界民族祭実行委員会が開催されました

9月25日午後7時から、第9回世界民族祭実行委員会が開催されました。 この会議は地域やアートの

記事を読む

no image

ALCAダンス発表会!

さて前回の続きです。 りらでは毎年、ダンスアートカンパニーALCAというダンススクールの主催している

記事を読む

IMG_1256_1

平成最後の真国御田春鍬規式 奉納

2019年2月11日建国記念の日は、高野山文化圏の一部で「御田の日」と呼ばれています。 旧暦の

記事を読む

no image

京都にデジタル掛け軸を見学

希望者を募って京都嵐山にDK(デジタル掛け軸)を 鑑賞に行きました。 希望者を募って京都嵐山に

記事を読む

no image

2月9日 真国御田春鍬規式 奉納

平成23年2月9日(水)14:00~ 真国丹生神社の拝殿において「真国春鍬規式」を1年生~3年生の生

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
IMG_1256_1
平成最後の真国御田春鍬規式 奉納

2019年2月11日建国記念の日は、高野山文化圏の一部で「御田の日」と

IMG_4247
【告知】平成30年度総合授業発表会 開催!

2019年に入って今年も2ヶ月目。学校で飼育しているメダカの水が毎朝凍

!cid_ii_jpx9b3z70
1/14 生徒発表 SNOW DAY 学校説明会同時開催

こんにちは!寒い日が続いていますが、 皆様いかがお過ごしでし

5日目1
カンボジア研修報告 最終日

【カンボジア研修最終日】 あっという間のカンボジア研修も、いよいよ今

3日目1
カンボジア研修報告 3日目~4日目

【カンボジア研修3日目】 3日目は、全員が早朝の4時半から起きて世界

→もっと見る

PAGE TOP ↑