*

在校生 初個展

公開日: : 行事

3年生の松本勇君が2011年1月26日~30日まで、和歌山市和歌浦の和歌山アートキューブで、
在校生では初となる個展を開き、木彫りの作品約30点を発表することになりました。
1年生の時から創作活動に興味があった松本君は陶芸や木工で机などを作る工作に興味をもっていました。
3年生になった今年度、美術担当教員で美術作家の中嶋雄二先生の授業を通して素材としての「木」と出会いました。
普段無口な彼が、その作品の中で雄弁に語る姿を見た中嶋先生は
「松本勇君の創造する世界は静かでありながらどこか饒舌である。
一人黙々とノミを振るう姿は、まるで創造の神による力を得た者の風格を感じる。
直接的な人とのコミュニケーションは、極度にシャイで無口な彼にとっては強烈すぎるのだろう。
むしろ我々の方が、かすかな感受性による会話、というものを彼の作品の中から学ぶべきかもしれない。
「とにかく木を彫ってみろ。」松本勇君の木彫作品を見ているとそんなメッセージが伝わってくる。」
と評価しています。
松本君作品1
「仲間が個展を開く」
毎年30回以上も舞台公演をこなす生徒たちにとっても初めての試みです。
「舞台芸術などの授業で学んできたことを個展開催に活かせないか。」
「私たちもできることがあるはず。」
そう考え、生徒も協力をしています。
写真家志望の生徒はパンフレット用の写真を撮影しました。↓
IMG_8152.jpg
新聞メディアに取り上げていただきたくさんの人に彼の存在を知ってもらって大きなチャンスとてあげたい。
校内イベントの広報活動を担当している生徒は取材を依頼する手紙(プレスリリース)を作成しました。
1月6日には和歌山新報で紹介されました。
りらHPのメディア情報

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

関連記事

no image

後期総合授業発表会告知!第2弾

こんにちは! 今回は「後期総合授業発表会」に演目や展示を出す授業の紹介をしていきたいと思います

記事を読む

no image

蛍の季節

今年も真国は蛍の季節を迎えています。 昨年の季節はずれの大雨のせいかはわかりませんが 今年は蛍の発生

記事を読む

no image

りらフェスティバル 練習

もうすぐりらフェスということで今回は練習風景をお伝えしたいと思います。 まずはジャズダンスです。

記事を読む

no image

アートデイ

「ARTDAY~ふれて楽しむりら!」というイベントが来週月曜日に迫っています。 今回は特別企画とし

記事を読む

no image

和歌山 元気一万人フェア

2月11日 和歌山市のビックホエールで開催された”和歌山元気1万人フェア” に、りらの生徒と朝霧裕さ

記事を読む

no image

明けました

新年、明けましておめでとうございます。 冬休み中は、生徒は学校に来て、演劇の練習や、広報の話し合いの

記事を読む

IMG_9562

サマースクール2016!

こんにちは~!2年生のM.Tです。 7月24日、そして8月6日から7日にかけて、りらの

記事を読む

no image

音楽祭

今回も生徒が書いています。 9月19日、りらで音楽祭が開かれました。 テーマは「あふれるリズムは心

記事を読む

no image

「今を生きる」朝霧裕さんトーク&ライブ

2月10日、車いすの歌姫と呼ばれ埼玉県を中心に全国 で活動されている歌手 朝霧 裕さんが 「舞台での

記事を読む

no image

りらフィルムフェスティバル準備その①

8月18日に行う『0からの風』上映会の案内を、 和歌山県の小・中学校に送るため、 放課後に残れる生徒

記事を読む

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校HP

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)WEBサイト

りら創造芸術高等学校HP
演劇祭-01
演劇祭

 今回、10月21日(土)に開催する「演劇祭」。 例年、秋は「前期授

!cid_ii_15e8972e083900cf
現代風鍛冶工房HOUSEHOLD INDUSTRYさん見学

こんにちは!10期生のW.Dです。 先週の土曜、今年度2回目のPDF

image3
プロジェクト販売 イタドリの花茶

9月14日(木)、プロジェクト販売の生徒が志賀野地区へ行き、 イタド

image1
後援会役員会が開催されました

9月7日19時から紀美野町総合福祉センターにてりら創造芸術学園後援会の

地域デザインブログ用イメージ
地域デザイン 葡萄櫨の原木調査「実物計測」

2017年9月8日金曜日 地域デザインの授業で鞍ワクワク班のメン

→もっと見る

PAGE TOP ↑